古代世界の午後雑記(移行中)


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
はじめまして。今頃になっ..
by Mellow at 23:02
zae06141様 ご..
by バハラム at 20:12
バハラム様 こんに..
by zae06141 at 23:57
zae06141様、お久..
by バハラム at 22:24
gekiryu様、 ..
by zae06141 at 00:42
情報ありがとうございまし..
by gekiryu at 23:20
是非ご覧になってください..
by zae06141 at 20:03
ありがとうございます。い..
by renko at 08:33
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ドラマ「大宋提刑官」

大宋提刑官パート1のDVDを購入しました。
その辺の店になかったので、ウォルマート前の店に行ったら、足元を見られて25元という高い値段で買わされてしまいました(といっても、そこで買うのは初めてなので、25元が標準価格かも知れないし、また3枚組なので高いのかもしれませんが。。。)。

本日一部を見てみました。パート2は、全体で1つの話とのことですが、パート1は、全36話が、複数のエピソードから構成されている為、筋を把握しやすいと思い、途中のエピソードを1つ見てみました。ミステリーである以上、ネタばれとなってしまう為、何話目かは記載しませんが、作品の宣伝のためでもあるので、少し筋を記載してみたいと思います。もちろん中国語はわかりませんので、一部の字幕から理解した範囲ですので、理解が不十分なところがあるかと思いますが、大筋はほぼ下記の内容かと思います。

ある郊外の川で、男性の溺死体が発見され、男の妻を慕っていた青年が犯人と断定されます。その町の役人は、青年の妻と図った共謀と決め付け、拷問をして自白に追い込みます。青年は、妻をかばおうとし、青年の母親(実の親か育ての親?)は、青年をかばうため、血痕の残る着衣を捏造します。このように、お互いにかばおうとしたため、事件は複雑化してしまったわけですが、宋慈(主役。南宋時代の実在の人物。各地を持ち回りで裁判を担当する役人ということらしい)は、部下と再調査を行い、証言と証拠の矛盾から、真相に迫ります。

 当日は雨だった、血痕の衣服が残るのはおかしい、とか、墓を掘り返して、殺された後、川に放り込まれたのか、水死なのかの検死を行うことで、死因は水死だと突き止め、事件を解決に導きます。最後は、大岡さばきのごとく、「真の悪は、間違った判決をした役人だ!」と役人を罰します。ラスト、町を後にする宋慈とその部下をみていると、日本の時代劇の隠密とその部下、といった風情、現地役人の自白を強制するやり方を罰するところも、日本の時代劇という感じです。このように書くとただの時代劇という感じですが、実際のドラマと映像は、本格的な歴史ドラマという感じで、偉大なるマンネリチャンパラとは、大分赴きが異なります。町を後にする一向の前に、死体から財布を持ち去ったことがばれ、宋慈に、40叩きの罰を受けた男が立ちはだかり、宋慈に噛み付くという、あまり後味のよくない場面があります。こうした点をはじめ、勧善懲悪モノの時代劇とは異なる感覚があり、時代劇というよりも、歴史ドラマという感覚に近いものがあります。

これは是非、日本語版も出してほしいと思います。

ところで、このシンセンの史跡、新安古城の訪問記を記載しました。また、シンセンには、他にも明清時代の史跡、今も利用されている住居、客家の家などがあるそうです。9月になったら、訪問してみたいと思います。調べれば、意外にありますね。さすが中国です。
[PR]

by zae06141 | 2007-08-26 03:02 | その他の時代の歴史映画・ドラマ | Comments(0)

違法コピーと著作権問題

昨夜になってようやく、石景山遊園地のニュースをYouTUBEで見ました(ついでにMLBオールスターでのイチローのヒーロインタヴューとランニングホームランも)。ニュースのコメンテーターたちは呆れて激怒していましたが(立場上仕方がないとは思いますが)、私は、直接利害がないので、単に可笑しかったです。しかしまぁ、元気のないパレードと、いまいちな着ぐるみ。こんなクオリティにいちいちめくじら立てなくてもいいじゃないの、と思ってしまいました。

またこの夏、ドラえもんのアニメが、日本映画社により、正式に中国で上映されているとのことですが、そのときの交渉についての記事を読みました。契約としては普通の細かい条項に、「そんなに信じられないか」と怒り出す交渉相手の中国人のエピソードが出てきます。石景山遊園地の件含め、中国人の著作権への認識のなさに呆れ、笑ってしまう日本人の方は、おそらくニュースのコメンテータ同様、結構いるのではないかと思います。

しかし、本当に、著作権の内容をきちんと知っている日本人がどれほどいるのだろうか、とも思うのです。おそらく多くの人々の認識は、中国の一般の人々とあまりかわらないのではないかと思うのです。私は一度、自サイト公開時に、調査したことがあるのですが、一口に著作権といっても、知的財産権、所有権、肖像権、複製権、商標登録権など、様々な権利が重層的にからみあい、「とにかく確認しまくればいい」ということはわかったのですが、現実問題、確認しきれないという事態が殆どだということがわかり、絶対安全と思われる、最低限の引用しかしないことにしました。

勤務先の仕事で、膨大な社内技術文書をホームページに掲載しようとしたときにも、著作権の難しさを知ることになりました。技術文書は、その一部にどこかから転載してきた文書の引用や、参考用サンプルプログラムがついていたりするのですが、このプログラムの中にも、一部、他のプログラムを流用されていることが多いためです。現在コンピュータソフトのプログラムは、コードを一から書くことはむしろ稀で、既存のコードを下敷きに追加修正をすることが一般的です。よって、引用コードの全てをチェックすることは事実上困難なのです。企業の製品であれば、引用するのも全て自社内のコードとして、著作権を企業が持つようにすれば問題ないのですが、現場の技術者にとって有用な技術文書に付属する参考用プログラムの多くは、製品ではないため、社外のコードをテンプレートに利用していることも多いのです。通常は、こうしたテンプレートは、裁判となったとしても、まず著作権が認められることは無く、問題ないとは思うのですが、企業としては裁判などが起こること自体、イメージダウンとなりますから、慎重にならざるを得ないわけです。

 話は戻りますが、長らく西欧の強い影響下にあった日本においては、「グローバルスタンダード」というものに従いやすくなっている側面もあるのではないでしょうか。われわれにとってのグローバルスタンダードは、中国人には、単なるローカルルールとしか見えないかも知れません。たとえば、中国が独自立法で、三国志や孫悟空などのキャラクターの肖像権、著作権などを作り出したとしたら、どうなるでしょうか?日本のゲーム、コミック、映画など、かなりの権利料を、中国から請求されたとしたら? もちろん私は、中国にすこしづつ世界のルールが浸透することを望んでおり、まだ未発展の段階だから、しばらく中国が大人になるまで我慢して欲しい、と思っているわけですが、さりとて、「中国の常識のなさ」を笑うことは、実は、自身をスタンダードだと思い込んで傲慢に振舞っているだけで、スタンダードといえど、ひっくり返る可能性のあるものであることを知らないだけ、という幼さを露呈しているだけなのではないか、とも思ったりするのです。
[PR]

by zae06141 | 2007-08-03 10:24 | 世界情勢・社会問題 | Comments(0)