古代世界の午後雑記(移行中)


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
はじめまして。今頃になっ..
by Mellow at 23:02
zae06141様 ご..
by バハラム at 20:12
バハラム様 こんに..
by zae06141 at 23:57
zae06141様、お久..
by バハラム at 22:24
gekiryu様、 ..
by zae06141 at 00:42
情報ありがとうございまし..
by gekiryu at 23:20
是非ご覧になってください..
by zae06141 at 20:03
ありがとうございます。い..
by renko at 08:33
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アントニオネグリ 「帝国」によせて

 アントニオ=ネグリとマイケル=ハート共著 「帝国」の日本語訳が出版されました。 実はこの著作のことは この翻訳が出て初めて知りました。 本屋で前文を立ち読みし、非常に興味をもちましたが、大部でもあるし 大学時代ならともかく、仕事に終われながら全部読みこなすのは大変だろうと、結局「帝国」特集号の「現代思想2月号」を買ってきてちょっと読みました。 そうして、少なからず衝撃を受けています。 そんなこともあって、1年近く放っておいた雑記にちょっと書きなぐりたくなりました。 

 この書物「帝国」で言っている”帝国”とはなんなのか。  
 古代のローマ帝国や 近代の帝国主義という言葉の帝国と何が違うのか。

 著者は明かに 「帝国主義」の帝国ではないといっています。 それでは古代ローマ帝国やモンゴル帝国などの帝国という意味なのでしょうか。
 勿論これは私個人の私見ですが、私は古代ローマの帝国に近い、と思いました。ただしそれは アウグストゥスによって確立された帝国ではありません。 書物「帝国」の帝国とは、具体的な「帝国」ではないようです。 それは、まだ名称の与えられていない、見えない、まさに既にできつつあり、運営されつつあるが、新しいが故に 具体的名称の与えられていない、 一般名詞化して人々の意識に上らない、 見えつつある秩序 だと思うのです。

  これは 古代地中海社会で言えば このようになると思います。 
 まだ明確に帝国が見えなかった、新しい秩序が模索されている、紀元前2世紀中頃~前1世紀中頃までの 地中海世界で模索されていた秩序、現れつつあり、進行しつつある、がまだ名称の与えられていない 地中海世界にとっての新しい秩序である 「帝国」。 この紀元前1世紀の まだ言葉は無く、具体的なイメージを誰も持っていなかったけれども、 成立しつつあった 地中海世界を統合する秩序、後世「ローマ帝国」として 具体的な名称を与えられることになる 地中海世界を統合する「帝国」。 この帝国こそが、 書物「帝国」の ”帝国”に最も近い対応物ではないかと思うのです。

 書物「帝国」によれば、現代世界は、国民国家だけではくくれない、グローバリゼーションと国民国家、地域国家群の相克する時代を迎えている。国民国家がまだ終わったわけではないし、グローバリゼーションが一方的に国民国家を否定・無化するものでもない。 帝国主義時代は既に過去の遺物となっている。 そんな現代世界は 実は既に新しい秩序の世界へ向かっている - その新しい秩序は、新しい名称を与えられるべきだが、 取りあえず 『帝国』と呼ぼう。
 ネグリ達の主張はこのように感じられます。

 地中海世界を統合する「ローマ帝国」は紀元前1世紀初、同盟都市戦争、スパルタクスの乱、カティリナ事件以降既に誕生していた、との見方があります。 カエサルは、王という 古い秩序名で 新しい秩序を 再構築しようとし、アウグストゥスは新しい方法で行ったということなのではないかと思います。

 現代世界は 「帝国」状態になりつつあるが、まだなりきっていない。 
 ここで問題となるのが 現代のローマたる合衆国と「帝国」の関係です。

  ネグリ達は ブッシュ政権の帝国主義政策は 「帝国」の方向性にそぐわないゆえ、失敗する、としています。ブッシュ政権は スラの政権みたいなものでしょうか。 また、世界の警察たる合衆国中心に世界が統合される、という意味の「帝国」ではなく、 新しい秩序は中心を持たない、とも言っています。
つまり、これは 「ローマが統治するわけではなく、皇帝のいる場所が帝国の中心」であった 古代ローマにも言えることかも知れません。
 恐らく、 「帝国」 は合衆国をも 凌駕する、新しい秩序に採りこまれる、ということなのでしょう。

 このように考えてきて、私の古典古代世界に対するテーマと 現代世界とが 遂にリンクする、そのリングが見えた気がしました。 自分自身なぜ ここまで 古典古代世界に関心を掻き立てられるのか、 単なる趣味だと考えていたのですが、ここでやっと 自分自身の仕事に繋がっているリングを見つけ出せた気がしています。

 さて、書物「帝国」では 「帝国」は一つだけ、という認識です。 私はこれについては まだ判断が出来ないでいます。 ただ、新しい「帝国」が仮に複数成立したとしても、それは古代世界のように 地理的に明確に区分できる帝国ではないことだけは わかります。
 そうして、複数帝国が成立するとしたら、それはやはり、イスラム、インド、中国 がキーになるのではないかと思うのです。 但し、繰り返しになりますが 地理的区分は重要ではなくなるように思います。 ムスリム、インド人、中国人は それぞれ世界中に展開し、また欧米人も中国、インドへ進出しているからです。 多元的「帝国」へ向かうのか、単一の「帝国」なのか、 それが今後の探求のテーマとなるのかもしれません。


 ところで、塩野七生さんは 現代の日本や合衆国への警鐘というような文章を「ローマ人の物語」の中で書いていますが、紀元前1世紀の記述を行
う時、このネグリの「帝国」をどう考えたのか、興味があります。ネグリはイタリア思想界の重鎮なので、塩野さんがネグリの「帝国」の議論は知っている筈ですので、古代ローマとは関係ない、と考えたのか、それとも別の考えを持ったのか、興味があります。

※この記事は2003年2月頃記載したものです。当初はサイトの方に掲載していましたが、ブログを開始するにあたって、ブログ開始日に移行したものです。

[PR]

by zae06141 | 2006-10-01 16:28 | 古代ローマ・ビザンツ関係 | Comments(0)
<< 伝説と歴史像 歴史小説 >>