古代世界の午後雑記


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
pepeino様 ..
by zae06141 at 00:27
最後は一般論として,..
by pepeino at 22:44
そこで,感謝の念を示すた..
by pepeino at 22:43
zae06141様 ..
by pepeino at 22:42
zae06141様 ..
by pepeino at 20:44
pepeino様 ..
by zae06141 at 20:28
pepeino様、 ..
by zae06141 at 00:46
ブログというものをやった..
by pepeino at 16:06
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ブログパーツ
南アフリカランド取引業者
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


サータヴァーハナ朝を題材としたファンタジー映画『ガウタミープトラ・シャータカルニ』(2017年)

2017年インド製作。一応前200年から後200年までの約400年間、デカン高原に勢力をもっていたサータヴァーハナ朝を題材としていますが、ほぼファンタジー映画です。衣装や建築物は、映画『プリンセス・オブ・ペルシア~エステル勇戦記~』に似た感じです。史実とからめてある部分は一部あるだけで、最盛期はインドの大半を勢力下においていたとはいえ、基本的にはデカン地方の地方政権だったサータヴァーハナ朝が全インドを統一したことになっているなど、改変部分が大きすぎるため、これを歴史映画ということはできません。しかし、サータバーハナ朝を扱った作品がまさか登場するとは予想もしていなかったこともあり、製作していただけただけでも嬉しいものがあります。漢とパルティアと同年代のインドの広域王朝ということで、かねがねサータヴァーハナ朝には興味がありましたし、映画としてはそこそこ面白く見れました。ご興味のある方はこちらをご参照ください。予告編はこちら

[PR]

by zae06141 | 2017-08-24 00:16 | その他の時代の歴史映画・ドラマ | Comments(0)

Wikipediaに掲載されている中国とアラブの歴史ドラマ一覧表 ver2

 前回、二年ぶりのIMDbの歴史映画チェックを行い、ここ2年間程の新作映画をチェックできましたが、IMDbではテレビドラマのチェックまではしておりません。中国とアラブ圏以外は、だいたい歴史作品は映画だからです。中国の歴史ドラマもIMDbに掲載されているかも知れませんが、IMDbはラテン文字でしか登録できないので、中国だけでしか放映されていない作品はピンインで登録されてしまい、非常にわかりにくくなっています(キリル文字のローマ字翻字も同じですが、こちらはなんとか読めます)。中国のテレビドラマは日本のNHK大河と似ていて(個人的には日本のNHK大河が影響したのではないかと推測しています)一話45分で45-50話のものが多く、とても視聴している時間はとれません。しかも近年中国の歴史ドラマは香港の武侠モノや韓国の歴史ドラマの影響を受けているのか、ファンタジー色が強くなっており、ワイアーアクション・カンフー、派手な衣装、CGによる異次元級の戦争場面が登場する作品が主流を占めるようになってきているため、ここ数年あまりチェックしておりませんでした。今回Amazonを検索したところ、ここ数年の間に急激に近年の中国歴史ドラマの日本語DVDが出ていることを知りました。そこでIMDb以外に情報はないかと少し調べて見ました。IMDbが中国語対応していない以上、中国語のまとめサイトが必ずありそうなものです。
 見つけたのがWikipediaの以下のページです。


続きを読む
[PR]

by zae06141 | 2017-08-16 00:14 | 古代中国関係 | Comments(0)

製作計画中の古代イランとビザンツ映画各種

 2009年頃から、毎年GWからお盆の間にIMDbの歴史映画タグの新規登録分をチェックして、新作歴史映画を探してきました(これに関する関連記事はこちら)。が、2014年くらいから、既に見たい時代・地域の映画はあらかた見つくした感じに陥り、昨年はとうとうIMDbの定期チェックをせずに終わってしまいました。

 しかし先日、カレル四世の新作を発見したことで、興味が盛り返し、今年は昨年分も含めた約1200本の新規登録分をチェックしました。これまでの経験では、1時間で50本くらいが目安なので、約24時間(実働二日間)を予定していたのですが、15時間程度で終わりました。作業が効率化するようになった要因として2点挙げられます。

1.検索一覧にステータスが入るようになった。
 製作発表(announced)、製作準備(pre-production)、in-development(製作中)、完成(post-production)、公開待ち(complete)、公開済み(ステータスなし)

 ステータスが入ることで、取り合えず作品名だけリストにコピペすればいい作品なのか、完成が見えていて間違いなく公開される作品なのか、等簡単に判断できるようになりました。このため作業効率が上がり、最初の500本くらいは4時間くらいでチェックできました。


続きを読む
[PR]

by zae06141 | 2017-08-10 00:14 | 古代イラン関係 | Comments(0)

書籍『古代インド・ペルシァのスポーツ文化』

 この本は、2000年頃に古本屋で見て、価格が3300円くらいだったことから買うのをやめた本です。古代ペルシアのスポーツ情報についてはたいした情報が記載されていなかったため、題名のメモすらとりませんでした。その頃は、古代イランの史料がここまでない、ということを知らなかったためです。題名の記憶がないため、数年後にその本屋にいったもののもうなくなっていて、ある意味私にとって幻の本でした。

 最近たまたまアマゾンの検索にヒットし、価格も送料含めて500円以下だったので即座に購入しました。題名が判明したため図書館に内容を確認しにいってからでもよかったのですが、500円が記憶にあるこの本の価値とほぼ同等だったため、著者が松浪健四郎、というところがひっかかりましたが即座に購入しました。
 届いて内容を見て見ると、記憶通りに古代ペルシアのスポーツについては「ないよりまし」くらいな情報しかありませんでしたが、古代インドの方は役に立つのではないかと思います。また、現代インド・イラン・アフガニスタン・トルコの一部のスポーツの紹介という点では有用かと思います。アマゾンに一応レビューを書きましたが、今後もしかしたら中古が高額となる可能性もあるので(現在Amazonでもっとも高額なものは 約35000円の価格となっています。廉価なものが売切れたら高額商品しか残らない可能性があります)、本記事にて少し詳しく内容を紹介したいと思います。以下目次と内容の簡介です。(なお、これも偶然ですが、7本も記事を寄稿している松浪健四郎氏(中年以上の人には説明不要かと思いますが)は、そのうちの5本をそのまま流用して(一部図や出典を追加)博士論文を記載し今年3月に博士号を取得されています(こちら))。

 記事があまりに長くなってしまったので、サイトの方に移しました。本書の目次な内容の紹介にご興味のある方はこちらをご参照ください。

[PR]

by zae06141 | 2017-08-01 00:30 | 古代イラン関係 | Comments(0)