古代世界の午後雑記


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
pepeino様 ..
by zae06141 at 00:27
最後は一般論として,..
by pepeino at 22:44
そこで,感謝の念を示すた..
by pepeino at 22:43
zae06141様 ..
by pepeino at 22:42
zae06141様 ..
by pepeino at 20:44
pepeino様 ..
by zae06141 at 20:28
pepeino様、 ..
by zae06141 at 00:46
ブログというものをやった..
by pepeino at 16:06
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ブログパーツ
南アフリカランド取引業者
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


中世フランス歴史映画『クリスティーヌ クリスティーナ』(2009年)

 今年はあまり映画を見ておらず、まだ15本です。うち5本は、ある日の週末、朝8時に起床して一日のうちに見たものです。『高慢と偏見とゾンビ』(18世紀英国)、『副王家の一族』(リソルジメント期のシチリア)、『ナポレオンの王冠~ロシア大決戦』、『ブーリン家の姉妹』、そして、本作『クリスティーヌ クリスティーナ』(14世紀末フランス)です。今回それぞれ入手or視聴経路が違うのが特徴です。当初は、『副王の一族』のDVD(国内で購入)、『クリスティーヌ クリスティーナ』のDVD(ドイツから購入)だけ見る予定だったのですが、アマゾン・インスタントビデオのクーポンがあることに気がつき『高慢と偏見とゾンビ』を視聴し、『ブーリン家の姉妹』が見たくなり近所のレンタルショップで借り、その後Gyaoの無料映画で『ナポレオンの王冠』を視聴した、というもの。



続きを読む
[PR]

by zae06141 | 2017-05-24 00:07 | その他の時代の歴史映画・ドラマ | Comments(0)

中世ペルシア語文学『ホスローと小姓』の<女性>の部分の翻訳

 最近女性と子供の歴史に興味が出ています。カロリング朝時代の女性ドゥオダが著した著作(『ドゥオダの遺訓書』)を読み、古代中世の女性の著作家を調べるために『西洋中世の女たち』等いくつかの著作を見てみたところ、女性史そのものに興味がでてきて完読してしまい、最近古代中世の女性について少しづつ調べているところです。

 古代ローマと中世については日本語書籍もでていて比較的情報があるのですが、古代イランについては殆ど情報がありません。女性に関する記載のあるササン朝の史料で思いつくところでは、『ホスローと小姓』と『千の審判の書』くらいです。後者はササン朝末期に成立したと考えられる判決事例集で、英語訳があります(こちら)。多分家族法が判決で言及されていて、そこから女性像が伺われるはずなので、いつか調査してみたいと思っています(しかしたいした情報はないと予想しています。アケメネス朝については、ペルセポリス城砦文書に登場する女性の研究があり、日本でも川瀬豊子氏が多数論説を書いているものの、書籍は出そうもないのが残念です。英語書籍では『Women in Ancient Persia, 559-331 B.C』という書籍があります)。『ホスローと小姓』は、ササン朝時代に成立したかどうかは確定できないものの、ホスローという王が登場することから、ホスロー1世(在531-579年)か、ホスロー2世(在591-628年)時代の作品だとの可能性もある掌編です(もっと後世の可能性もある)。今回その中に数行登場する女性のパートを英訳本から翻訳しました(こちら)。アラビア語版の【女性】の部分と、中世ペルシア語版の97行目です。

 以前(2014年11月)に翻訳した時に女性のパートを訳出しなかったのは、内容があまりにつまらなかったからです。女性の性格や気質、趣味や習慣・習俗・活動・行動・思想や内面などについての記載は殆どなく、「髪が長くて腰がくびれていて胸が大きい」とうような、ステレオタイプな外見の記述ばかりなので訳す気にならなかったのです。この部分よりは、中世ペルシア語版の116行目の女性の一言の方がよほど女性の気質や性格を現しているので、そちらの方で十分だと思ったこともあります。
 まあ、しかし、今回良い機会なので訳しました(ほんとに数行です)。

ところで、定価6400円の17世紀の冒険旅行家シャルダンの『ペルシア紀行』(17世紀後半のサファヴィー朝)の中古が650円くらいで出ています。656頁の分厚い本です。置き場に困りますし、学生や高齢者以外読んでいる時間はないような本ですが、買い時です。あと、日本語で読める数少ないサファヴィー朝通史本であり、かつオスマン・サファヴィー・ムガルの近世三大イスラム帝国の並立を描いた『三日月の世紀』のレビューがなかったので書きました。これは良書だと思うので、特にイスラーム史にご興味のない一般の歴史愛好家に読まれて欲しい本です。

[PR]

by zae06141 | 2017-05-14 00:05 | 古代イラン関係 | Comments(0)

あまり知られていない古代中世の女性著述家たち

15年くらい前に「あまり知られていない古代の女性女王」という記事を書いたことがありますが、今回はその著述家編で、「あまり知られていない近代以前の女性著述家の話」というのを書いてみました。人選は独断と偏見です。この企画は、カロリング朝のドゥオダの著書を読んだことが直接のきっかけです。アンナ・コムネナは、一般の知名度は低いかも知れませんがビザンツ史ではメジャーです。今回入れたのは、宣伝して知名度をあげて将来邦訳が出てほしい、との下心で入れました。ヒルデガルトはかなりメジャーですが、当初数合わせのために入れていたもので、そのまま残ってしまいました。

 インド圏で見つけられていないのが残念です。古代の仏教文献『尼僧の告白-テーリーガーター』(岩波文庫)が近い感じがありますが、まったく同一の内容が別の尼僧の台詞として登場するなど、著述家としての個性が感じられなかったため、対象外になりました。

※余禄(漫画関連)

続きを読む
[PR]

by zae06141 | 2017-05-04 00:08 | その他歴史関係 | Comments(0)