古代世界の午後雑記


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
pepeino様 ..
by zae06141 at 00:27
最後は一般論として,..
by pepeino at 22:44
そこで,感謝の念を示すた..
by pepeino at 22:43
zae06141様 ..
by pepeino at 22:42
zae06141様 ..
by pepeino at 20:44
pepeino様 ..
by zae06141 at 20:28
pepeino様、 ..
by zae06141 at 00:46
ブログというものをやった..
by pepeino at 16:06
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
タグ
ブログパーツ
南アフリカランド取引業者
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


明朝最盛期と清朝前半期の人口1億5千万-2億人説の由来

 以前、2007年に出版された、アンガス・マディソン著『Chinese Economic Performance in the Long Run 960-2030』の付録の表にある漢代紀元2年、宋代960年、元代 1300年、及び明代1380年以降2000年については 10年毎の人口統計値が掲載されている中国史上の人口統計表を見て、その情報がネット上になさそうだったため、こちらの「明代以降、1380年から2000年までの630年間の10 年単位の中国の 人口」という記事を作成しました。その時は、明代の最盛期人口の1億6000万人という数値に関し て、史書に記載されている最盛期6300万という値と比べると、倍以上大きな点が若干引っかかったものの、清代以降の人口成長曲 線の方により強い印象を受けたこともあり、明代人口の方はあまり追求する気にはなりませんでした。清代以降の人口爆発と比べれ ば、明代の増減幅はあまり大したことではなさそうに思えてしまうからです。しかし、その後も折に触れ、明代・清代前期の人口推計 を行なった研究書や論文などの文献に出くわす毎に、購入したり複写したりして、資料を集めてきました。今回、明代の研究数値がど のように生成されてきたのか、数値の由来に関する情報がある程度揃ったようなので、まとめてみました。ご興味のある方はこちらをご覧ください
[PR]

by zae06141 | 2015-09-28 00:16 | その他歴史関係 | Comments(0)

古代ローマ・ラテン語碑文の分布と年代別増減グラフ

 購入しているわけでもなく、全部読んだわけでもない本の話で恐縮ですが、大清水祐氏『ディオクレティアヌス時代のローマ帝国:ラテン碑文に見る帝国統治の継続と変容』(山川出版社,2012 年)の序論に、ラテン語碑文の数量に関する話が出ていたので、興味を惹かれ、これまで出土している碑文の分布、年代別増減数のグラフを調べてみました(以下More)。

More
[PR]

by zae06141 | 2015-09-07 00:04 | 古代ローマ・ビザンツ関係 | Comments(0)