古代世界の午後雑記


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
pepeino様 ..
by zae06141 at 00:27
最後は一般論として,..
by pepeino at 22:44
そこで,感謝の念を示すた..
by pepeino at 22:43
zae06141様 ..
by pepeino at 22:42
zae06141様 ..
by pepeino at 20:44
pepeino様 ..
by zae06141 at 20:28
pepeino様、 ..
by zae06141 at 00:46
ブログというものをやった..
by pepeino at 16:06
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ブログパーツ
南アフリカランド取引業者
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


善く敗るる者は亡びず ~小説「鷺と雪」~

 「善く敗るる者は亡びず」

 いままであまり深く考えたことがなかったこの言葉が、最近心に響いています。
 きっかけは、北村薫の直木賞受賞作「鷺と雪」の中での引用。

 「鷺と雪」は、書籍としては「街の灯」「玻璃の天」から続く短編集3部作のシリーズものですが、この中の「玻璃の天」の第1話「幻の橋」と「鷺と雪」第3話「鷺と雪」の2箇所でこの故事成語が引用されています。当初「街の灯」を読んだ時は、昭和の東京の風景を、詩情に満ちた表現で再現したライトなミステリーという感覚で、主人公が少女であることから、「空飛ぶ馬」シリーズの昭和初期に舞台をとった焼き直し版という感触もあったので、「悪くないけど、直木賞を取るほどの作品だろうか」と思っていたのですが、「鷺と雪」まで読み終えてみると、「善く敗るる者は亡びず」というこの言葉が、戦前戦後の日本の興亡を的確に捉えた言葉だと思えるようになり、時間が経つにつれて、じわりと胸に迫ってくるようになりました。

 「善く敗るる者は亡びず」は、「漢書」の「刑法志」に登場する言葉で、「善く師する者は陳せず」「善く陳する者は戦わず」「善く戦う者は敗れず」に続く言葉で、これらの言葉は、「幻の橋」(文庫版p84)では以下のように解説されています。

 「うまく軍を動かす者なら、布陣せずにことを解決する。しかし、その才がなく敵と対峙することになっても、うまく陣を敷ければ、それだけでことを解決できる。さらに、その才がなく実践となっても、うまく戦えば負けない」

 ところが、「幻の橋」でも「鷺と雪」でも、「善く敗るる者は亡びず」については、特に解説がありません。そこで、「漢書」を取り出してきて、この含蓄ある言葉が一体どういう経緯で使われているのか、問題の箇所の前後を見てみました。すると、語源となった背景として語られている事件は、意外にしょぼい話であることがわかりました。春秋時代の楚の昭王(前515-489年)の時代、闔閭(前514-496年)王の元、急速に力をつけた辺境の国呉が、楚からの亡命者伍子胥に率いられて楚の都、郢を陥落させ、昭王が隋国に亡命し、その後、楚の家臣申包胥が秦に救援を求めにいき、秦公の庭で7日7晩救援を訴え続け、その忠誠心にうたれた秦公が出兵し、昭王は郢を回復することができた、という事件です。これが「善く敗るる者」なのかなぁ。単に敗北して亡命し、他国に救援を求めて、他国の力で回復しただけで、歴史上ありふれた出来事だし、特に含蓄ある内容の感じられる事件ではないじゃないの。と少々がっかりしてしまったのですが、しばらくしてくると、この言葉は、寧ろ、「鷺と雪」において、作者によって、この言葉が持つ本来の意味を付与されたと思えるようになってきました。

 この言葉が、日本を日中戦争へと向かわせた、いくつかあるターニングポイントの中の、おそらくもっとも重要であろう事件のひとつである226事件前夜に、その後の全てを予感させる言葉として、登場人物たちに語らせたこと、そうして、「亡びず」という言葉通り、戦後の日本が復興を遂げたという結果があること。「鷺と雪」終盤の記述をひとたび読んでしまうと、これ以上に、「善く敗るる者は亡びず」という言葉にさわしい使われ方、背景となった事件は無いのではないか、と思えるほど、絶妙な引用だと思えるようになってきました。

 「鷺と雪」は、終盤近くのこの言葉一発で、単なる軽目の時代劇短編連作を越えて、重厚な歴史作品に匹敵する程の「歴史作」となったように思え、この作品が直木賞受賞作であるのも納得できるようになりました。

 更には、最近の日本が戦後繁栄のピークを越え、衰退期に入ってきているのではないかとの議論もある昨今の日本人にとっては、「善く敗るる」という言葉は、「今後の衰退をどのように乗り越えるのか」という観点で、胸に迫るものがあるのではないでしょうか。負けが見えている戦い、衰退期の社会にとって、「善く敗るる」という言葉は、その後の具体的な希望が見えない段階においてこそ、力となる言葉なのではないかと思うのです。この意味では、この言葉がやたらと胸に響いているのも、昨今の私自身の状況にも重なるようにも思えるのです。40歳を越えて人生後半に入り、成功をしているとは言えない状況で残りの人生をどのように生きるのか、という点で、今の私には、「善く敗るる」という言葉は、重要なキーワードとなりつつある感じです。

 久々に味わい深い歴史小説に出会ったという点、現在の日本や、自分自身と重なる点、など、多くの点で、「鷺と雪」は、私にとって強い印象を残す作品となりました。
[PR]

by zae06141 | 2009-10-25 18:37 | その他歴史関係 | Comments(0)

映画「建国大業」

 中華人民共和国成立60周年記念の国策映画、「建国大業」を見て来ました。特段この作品が見たかったわけではないのですが、確か今年の春頃に近所にできた、公営と思しき映画館、「風華大劇院」に、一度入ってみたいと思っていたので、「建国大業」の方はどちらかというとついで。何故公営と思しきというかというと、庭園公園と運動公園の間にあり、繁華街から離れたところにあることと価格から。繁華街の私営映画館だと、新作の場合、平安カードなど映画館と提携したカード会員とかに入っていないと、公開後しばらくの期間は70元とか、非常に高額だったりするのですが(カードありだと10元程度)、風華大劇院では、比較的新作と思しき作品でも入場料10元。新作と思しき、というのは、正確な新作公開日を知らないからなのですが、まあなんとなく繁華街の映画館の看板を見ていて、大体新作、と判断しているだけなのではありますが。。。

 この風華大劇院は安くてありがたいのですが、上映が、19時20とか21時20分とか、遅いのが難。昼間はやっていないみたいです。今日も、21時半からの上映で、時間があるので髪をカットに行ったのですが、手抜きの時は1時間で終わるのに、今日に限って念入りに洗髪・マッサージしてくれ、更に手抜きな場合は、カット後の、再度の洗髪さえなかったことさえあるのですが、今日は2度目の洗髪も丁寧。値上げしたのかしらと不安になるくらい。お陰で1時間20分も美容院にいて、上映時間が迫ってしまい、映画館まで歩きながらのパンで夕食となってしまいました。

 さて、ほぼ夕飯抜きで見てきた「建国大業」ですが、1945年8月、日中戦争終戦直後に行われた重慶会議から、1949年10月の中華人民共和国成立までを描いていますが、自分がこの時代について何にも知らないことがよくわかりました。まあ日中戦争時代の日本の政治家でさえ良く知っているとは言えないので、隣の中国の登場人物など、良く知らないのが当たり前なのですが。。。。。また、宣伝映画の演出とはいえ、先入観とは異なる点も多々ありました。幾つか例を挙げてみます。

・1928年から1937、1945-1949年まで、北京は「北平」という名称だったんですね。どうも北方戦線の重要拠点にしては、目にした記憶の無い地名だったので、ひょっとしたら、と思っていたのですが、陥落後、毛沢東達が中南海の会議場へ入っていく場面で漸く気づきました。

・蒋介石は、「蒋中正」の方が中国では一般的な呼称なのですね。

・蒋介石は、国民党内では、ずっと絶対的な独裁権力を持っていたものと思っていたのですが、「君は引退した方がいいんじゃないの。君が選出される目は無いよ」とさえ告げた李宗仁が投票で副主席選出されてしまい激しく動揺したり(握手を求める李宗仁に対し、拍手し、そのまま去る場面は印象的)、総統を辞任し、その後継に、一時期李宗仁が総統に就いていたことなど、初めて知りました。そもそも、李宗仁という人物さえ、恥ずかしながら今回初めて知った次第。

・中国人スターが多数出ているとのことでしたが、私はそもそもあまり俳優を知らないので、気づいたのはジェット・リーくらい。しかも冒頭一瞬出てきただけ。皇帝役者で有名な唐国強はどこに出てたんだろう?と思って、戻ってサーチしてみると、なんと主役の毛沢東だと知ってビックリ。ヴィッキー・チャオとかチャン・ツィイーとかどこに出てたんだろう。。。。。

・中国国旗の五星紅旗の星は、漢族、満族、蒙古族、チベット族、ウイグル族だと思い込んでいたのですが、社会の階級だったのですね。。。。。

更に無知だったのが、

・当時国民党と共産党しか無い、他の政党は、あったとしても、取るに足らない存在だと思い込んでいたのですが、民主同盟など、幾つか他の政党の要人とその動向が、内戦の帰趨と、内戦勝利後の統一を標榜する為の重要な要素として描かれていた点。まあ、実際は取るに足らない存在だったのかも知れず、映画が「民主国家中国」を標榜する為の演出なのかも知れませんが、1949年6月の政治協商会議準備会議に、他の政党の要人が合流することが、統一と共産党支持の重要要件として描かれていました。張瀾とか、初めて知りました。

・米国が、国共内戦中に、国民党支援から手を引き始めていたのも知りませんでした。渡米して議会での演説をと願う宋美齢に対し、国務長官マーシャルが「米国は戦争継続の為に支援しているのではない。あなたの議会演説は許可できない」と冷たく言い放つ場面が印象的でした。

蒋介石・蒋経国親子がかなりまともな人物として描かれていたのは、これは、近年の中国と台湾国民党との接近が背景にあるのでしょうね。蒋介石が、蒋経国に、「国民党は骨の髄まで腐ってる」「国民党は自ら崩壊したのだ」と語ったり、蒋経国が、上海の金融機関を抑えに乗り込んだおり、孔祥熙の息子で宋霭龄*1の子である孔令侃の経営する揚子公司の統制を巡って、「私財よりも国だろう」と詰め寄ったりした場面では、蒋親子はなかなかの人物という印象。特に、事実上の映画としてのラストシーンといえる場面が、雨の中、邸宅の入り口の前で立ち尽くす蒋介石の後ろ姿であった点は印象に残りました。事実上のラストシーンというのは、この後に続く場面が、まさに全体主義プロパガンダ映画そのものの宣伝映画まるだしの場面だから。炸裂する五星紅旗の星の旗を前に浮かれる毛沢東と民衆たち。クレジットには、中華人民共和国政府に参加したとされる十数個の政党の名が挙げられ、うそ臭い多数政党に支えられる民主国家を演出していました(現在の中国でも、多数政党は法律的に認められていて、実際に共産党以外の政党も存在するが、それらは共産党の傀儡に過ぎない)。

 まあ、国共内戦の歴史学習のとっかかりにはいいかも。極端なイデオロギー色も、勧善懲悪色も抑え目な点は、結局のところプロパガンダ映画だとしか思えない映画としては比較的客観的な感じがあり、まあまあかも。でも特段ドラマがあるわけでは無いし、登場するのも政治家・軍人・党員と、宋家の姉妹ばかり。BBCの歴史ドキュメンタリーに近いと言えるかも。中国人はこの作品に感動するのでしょうか。私は、深圳博物館の、深圳30年発展史の展示の方が遥かに感動しました。アカデミー外国語映画賞にノミネートって、本当でしょうか?もしそうであれば、政治的な意図があるとしか思えないなぁ。。。この手の国策作品としては比較的良作だとは思いますが、映画として名作とまでは言えないのではないかと思います。日本でも上映したりするのでしょうか?海外の上映にはあまり向いていないように思えます。

*1 宋霭龄の妹宋慶齢が2番目の孫文夫人、その妹宋美齢が蒋介石の4番目の夫人

 ところで、少し考えてみると、結構意味深長ととれる箇所があることに気づきました。まあ気のせいだとは思うのだけど。

 そのひとつは、「皇帝役者」唐国強が毛沢東を演じていた点。彼はこれまで、唐太宗、清朝太宗、明朝世祖、清朝雍正帝など、数々の皇帝を演じてきている役者。となると、毛沢東も、「皇帝」である、ということの揶揄なのでは?????などと考え過ぎとはいえ、思ってしまうのでした。
 更には、蒋介石に国民党の腐敗を嘆かせ、崩壊の理由を党の腐敗に帰していましたが、これは、現在の共産党の腐敗の揶揄なのかも、とも思ってしまいます。前回で書き忘れましたが、作中蒋介石は、長江以北が共産党の手中に落ちた時、長江以南の死守を提案する息子の蒋経国に対して、「南北朝時代を作ってしまうという、後世に非難されるような愚を犯すのか」(ちょっと記憶があやふやですが、確かこのような内容)と諭していました。建国60年記念作品である本作のテーマは「統一」であり、それは、台湾を含み、当時の国民党は「統一」の為に南北分断を回避した、というロジックで、現国民党を介した台湾統合の可能性を示唆する意図が感じられる場面でした。

 ところで、これはまったくの個人的な妄想ですが、本作品は、統一期までの良い毛沢東を描いている、という点で、エイゼンシュタイン「イワン雷帝」の第一部に相当するような印象を受けてしまいました。そして、決して作られることのないであろう、毛沢東が無道に陥る第二部を夢想してしまうのでした。

 最後は、前回記載を忘れた情報を記載します。
 通常「風華大劇院」の入場料は10元なのですが、「建国大業」は40元でした。これは、完全な新作上映だからかも知れません。また、私が見た時の入場者は40名程度。数百名は入るであろう劇場にしては少なめですが、さびしいという程ではありませんでした。家族で見に来ている人が多く、子供から老人までまんべんなくいたようです。

 ところで、昨日TVで、「重慶談判」という、「建国大業」の冒頭部にあたる、「重慶会議」を描いた1993年の映画が放映されていました。最初は、役者も映像の雰囲気も、「建国大業」とそっくりなので、私が見た「建国大業」は、カットされていたのか、と思ってしまった程。きっとこのあたりまでは、映画が全てそろっているのでしょうね。。。中国は、その後の時代の方が激動だったようにも思えるのですが、その後の毛沢東時代を正しく描ける映画が登場する時代は来るのでしょうか。。。。。なんか、中国は、2000年来、初代賢君、末代暴君、と描く歴史観が定着してしまっているので、実態はどうあれ、毛沢東は理想化されなくてはならないことになってしまっているので、無理なのかも、と思わざるを得ないところが残念です。
[PR]

by zae06141 | 2009-10-06 03:48 | その他の時代の歴史映画・ドラマ | Comments(4)

2009年10月3日は中国の中秋節。餅を食べる起源は元末だとか

 他のサイトにいくらでも情報があるので、ここで記載する意味はあまりないのですが、歴史ネタだとのことなので、一応紹介したいと思います。昨日から8日間、中国は、建国記念日である国慶節の為お休みシーズンなのですが、国慶節をまともに見るのは3年目の今年がはじめて。1年目は雲南観光にでかけ、昨年は日本出張だったので、今年の国慶節は町の探索をと、仕事を終えた後、蛇口の繁華街をふらふらしたのですが、確かにいつもより人手が多く、特に観光地である海上世界の付近はひときわ賑わいを見せていました。近所のスーパーによった折、月見のお菓子が大量に売られているのを目にし、「中秋節は9月に終わったのに、まだ売ってるのかな」と思っていたら、途中で入ったBARの娘から、明日は中秋節だよね、と聞いて納得した次第。10月にずれ込むこともあるんですね。で、帰宅して、アパートの入り口の掲示板に、中秋節に月餅を食べるようになった縁起について掲載されていました。それによると、

 元末、各地に反乱勢力が芽生えていたが、元朝政府の摘発は厳しく、なかなか相互に連絡が取れず、各個鎮圧されている有様だった。朱元璋の連合勢力も相互連絡が取れず、一斉蜂起ができずにいたが、劉伯温という人が、餅の中に伝言を隠して連絡する方法を思いついた。果たして各地の勢力が餅を開けると、その中に、(農暦)8月15日(中秋節)に一斉蜂起すべしとの伝言がありました。そこで、各地の勢力は8月15日に一斉蜂起し、全国的な反乱となったとのこと。

 とまあ元末は朱元璋がリーダーになる以前から各地で反乱が起こっていた筈なので、若干史実と合わないようにも思えますが、由来なんてこんなものなのでしょう(こちらのサイトにもう少し詳しい話が載っています。中秋節自体の起源は、夏王朝にまで遡るんですねえ。夏王朝時代の縁起については、こちらのサイトの方が詳しく載っています)。

 ところで、中国には、「軍事新聞」というべき種類の新聞が各種結構出回っていて、題名通り、自国の軍備を誇らしげに紹介し、日本の軍備を直ぐに軍事大国化だのと騒ぐ、まあどこにでもある右翼ミリタリスト新聞なのです。ただ、中国では、特に地方に行くと幾種類も出ていて目立つとはいえ、比較的先進化の進んでいるシンセンではあまり目にすることがなかったのですが、昨日の60周年建国記念祭を扱った、普段はかなりリベラルに見える「南方都市報」という有力紙の本日号が、完全に軍事新聞化してしまっていたのには驚きました。表紙一面が行進中の兵士の写真。そこにでかでかと「国威!」という文字。めくっていっても、ほぼ全面的にパレードで紹介されていた戦車や戦闘機の説明ばかり。軍備以外に目に付いた記事は、胡総書記の乗っていた国産碎高級車の紅旗が、1984年モデル以来、基本的に型が変わっていない、ということがわかった過去の紅旗の写真ぐらい。

 今回の建国記念祭の報道については、マスコミは相当政府の統制にあったようで、南方都市報も政府に逆らえずにこのようになってしまったのだろうなぁ、とは思うのですが、なにやら数十年前の冷戦時代にでも戻ってしまったかような感じ。中国と北朝鮮がかなり似かよった国だとの印象を確実に与える内容。反中派の人は喜ぶでしょうね。まあこれも中国の本質のひとつの面なので仕方がないとは思いますが、それにしても時代錯誤な感じ。北京オリンピックは、諸外国の目があったので、かなり現代化した祭典と報道ぶりでしたが、建国記念式典は、国内行事なので、思いっきり中国の(中国というより独裁国というべきか)本質が全開となって出てしまったのかも知れません。
[PR]

by zae06141 | 2009-10-03 03:21 | 旅行・海外駐在関係 | Comments(0)