古代世界の午後雑記


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
pepeino様 ..
by zae06141 at 00:27
最後は一般論として,..
by pepeino at 22:44
そこで,感謝の念を示すた..
by pepeino at 22:43
zae06141様 ..
by pepeino at 22:42
zae06141様 ..
by pepeino at 20:44
pepeino様 ..
by zae06141 at 20:28
pepeino様、 ..
by zae06141 at 00:46
ブログというものをやった..
by pepeino at 16:06
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ブログパーツ
南アフリカランド取引業者
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:その他歴史関係( 62 )


古代インドの料理

 古典古代時代の文化について長年調べています。今回は古代インド料理の話です。

 古代ローマ料理については、古代の料理書(『古代ローマの料理ノート』(アキピウスの料理書))が残っています。漢王朝時代の料理については、前漢時代の書『塩鉄論』に若干記載があり、6世紀北魏で編纂された『斉民要術』は南北朝時代の成立ですが、北方民族の影響を受けていない料理の記載もあり、それが漢王朝~魏晋時代の料理を留めていると考えられているそうです。古代ペルシア料理は、ペルシア帝国末期から10世紀頃の間に成立したと考えられる小品『ホスローと小姓』(こちら)に記載があります。

 これら古代ローマや漢王朝と同時代のインドの料理はどういうものだったのでしょうか?古代インドの料理についてはどんな史料があり、どんな料理だったのでしょうか?
 
 そこでちょっと調べてみました。


続きを読む
[PR]

by zae06141 | 2017-10-12 00:07 | その他歴史関係 | Comments(0)

~輝ける十四世紀~カレル四世のドラマ『ローマ人の王のための投票』(2016年)

 "輝ける十四世紀"とは、1978年に出版された、講談社世界の歴史19巻『ビザンツと東欧世界』に登場する章の題名です。現在"輝ける十四世紀"ないし"輝ける14世紀"で検索すると2件しかヒットしません。うちひとつは私のサイトです。そういう非常にマイナーな言葉なので、すこし普及努力をするために記事のタイトルに入れてみました。

 "輝ける十四世紀"とは、十三世紀のモンゴル禍の後、揃って名君が出現した東欧諸国の十四世紀のことです。その名君たちとは以下の4名のことです。

ボヘミア  カール四世(在1346-78年)(1316年生)
ポーランド カジェミシュ(在1333-70年)(1310年生)
ハンガリー ラヨシュ一世(在1342-82年)(1326年生)
セルビア  ステファン・ドゥシャン(在1331-55年)(1308年生)


続きを読む
[PR]

by zae06141 | 2017-07-22 00:19 | その他歴史関係 | Comments(0)

人気が出てほしいブルンヒルドとフレデグンダとクリエムヒルト

 歴史の問題です。YES/NOでお答えください(というような問いがあったとします)。

Q1.リヒャルト・シュトラウス作曲『ツァラトゥストラかく語りき』序曲は映画『2001年宇宙の旅』のために作曲された。

Q2.リヒャルト・ワーグナー作曲『ワルキューレの騎行』序曲は、映画『地獄の黙示録』のために作曲された。

 事実としてはどちらも間違いですが、真理についての仮説としては、YESであるような気がします。
 そんな風に思えてしまうぐらい、両曲は映像にマッチしており、クラシック音楽に興味のない人々にとっては、漠然と映画の曲だとの印象しか持っていない人も多いのではないでしょうか(別の曲ですが、知人に、ラヴェルのボレロがアニメ版『銀河英雄伝説』のために作曲された曲だと思い込んでいる人がいました。と、偉そうに書いてしまいましたが、私が子供の頃は、まだCDもなく、小学生ではレコードを買う経済力もなく、しかたがないので自宅にあった『講談社版 ステレオ世界音楽全集』(これ)を聴いて 育ったので、たまたま知っていた(ピアノを習っていた、というのもあるかも知れない)、というだけの話なのですが、、、)。

 最近、前回紹介した書籍『西洋中世の女たち』のブルンヒルドとフレデグンダ(フレデグンダは本書の表記で、Wikipediaでは”フレデグンド”)の30年にわたる熾烈な抗争のくだりを読み、『ワルキューレの騎行』が頭の中でリピートするようになってしまっています。

 彼女たちの抗争は、中世ドイツ叙事詩『ニーベルンゲンの歌』で、クリエムヒルトとプリュンヒルトとして劇的に描かれています。昔読んで強く印象に残っていた場面だけ、約30年ぶりに読み返してみましたが、記憶の通り。そしてニーベルンゲン伝説を題材とした歌劇『ワルキューレ』→『ワルキューレの騎行』→『地獄の黙示録』の名場面、という連想で冒頭のQ&Aになったわけです。
 『西洋中世の女たち』のブルンヒルドとフレデグンダの箇所を読み、私の中ではすっかり『地獄の黙示録』の曲と化していた『ワルキューレの騎行』が、ようやくブルンヒルドとフレデグンダの曲としての印象となりつつある感じです。

More
[PR]

by zae06141 | 2017-06-27 00:36 | その他歴史関係 | Comments(0)

『世界子どもの歴史 10 アジア』の概要と目次

 今回は『世界子どもの歴史 10 アジア』(1985年/第一法規)の目次と紹介です。結論から書きますと、この本をお読みになろうかと思った方は、まず著者各々が記載しているあとがきをご覧になるとよいかと思います。正直、趣旨がわかっていないと、全体のバランスに戸惑い、読みにくいところがあります。



続きを読む
[PR]

by zae06141 | 2017-06-10 00:24 | その他歴史関係 | Comments(0)

『世界子どもの歴史 9 中国』の目次と概要

※トルコ歴史ドラマ『壮麗なる世紀』(邦題『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~』)遂に日本語字幕で放映とのことです。第一シーズンを48話とのことですので、一話を二回に分けて放映するのでしょうか。第二シーズン以降は第一シーズンの反響を見極めてからの放映でしょうか。できれば、63話までやって欲しいと願います。報道関係者を集めたトルコ大使館後援のパーティをヒルズの51階でやるそうです(案内こちら)。※
※※ハインリヒ一世からオットー一世時代の史書『ザクセン人の事績』入手。10年ほど前ハインツ・トーマス著『中世の-ドイツ-カール大帝からルターまで』を読んだ時に、神聖ローマ初代皇帝オットー一世時代の史書である本書を知って以来、ずっと読みたいと思っていた本です。英訳さえなさそうだったので、まさか邦訳が出るとは思いませんでした。感激しています※※

 最近、女性と子供の歴史に興味がでています。
 以前から古代ローマの学校の実態に興味がありました。結構な数のローマ遺跡を訪問してきましたが、学校遺跡は見たことがなかったので、特に教室の様子に興味がありました。『カイウスはばかだ』(岩波少年文庫-ヘンリー・ウィンターフェルト著)という少年たちが主役の児童小説を読み、学校の様子や授業がかなり具体的に描写されていたため、史料出典をずっと知りたいと考えていたのですが、昨年アンリ・イレーネ・マルー『古代教育文化史』で、古代文献に断片的に登場する記述を丹念に紹介しているのを知り、ようやく望むものを見つけることができました(実はまだほとんど読んでないのですが、、、、)。マルー本は、学校と教育に特化していて分厚いこともあり、準備段階として取り合えず『世界子どもの歴史〈2〉古代ギリシア・ローマ (1984年/第一法規)』(紹介はこちら)を読んでみたところ、古代ローマのパートが役にたったので、例によって他の地域はどうだろうかと、同シリーズの中国とアジアを読んでみた次第です。ローマ編と比べるといまいちな内容で、アマゾンでレビューを書いて紹介するほどのお奨め本でもない、ということで、目次と簡単な概要をこちらで紹介することにしました。

続きを読む
[PR]

by zae06141 | 2017-06-03 00:10 | その他歴史関係 | Comments(0)

あまり知られていない古代中世の女性著述家たち

15年くらい前に「あまり知られていない古代の女性女王」という記事を書いたことがありますが、今回はその著述家編で、「あまり知られていない近代以前の女性著述家の話」というのを書いてみました。人選は独断と偏見です。この企画は、カロリング朝のドゥオダの著書を読んだことが直接のきっかけです。アンナ・コムネナは、一般の知名度は低いかも知れませんがビザンツ史ではメジャーです。今回入れたのは、宣伝して知名度をあげて将来邦訳が出てほしい、との下心で入れました。ヒルデガルトはかなりメジャーですが、当初数合わせのために入れていたもので、そのまま残ってしまいました。

 インド圏で見つけられていないのが残念です。古代の仏教文献『尼僧の告白-テーリーガーター』(岩波文庫)が近い感じがありますが、まったく同一の内容が別の尼僧の台詞として登場するなど、著述家としての個性が感じられなかったため、対象外になりました。

※余禄(漫画関連)

続きを読む
[PR]

by zae06141 | 2017-05-04 00:08 | その他歴史関係 | Comments(0)

2017年 最近のサイト記事更新(2)

前回に続き今回も最近の細かいサイト更新履歴です。

6.アウレリウス・ウィクトル関連 

 アウレリウス・ウィクトル(320‐390年頃)の著作は一冊だけだと思い込んでいました。現在上智大学のアウレリウス・ウィクトル研究会が翻訳しているのは、『Liber de Caesaribus (皇帝列伝)』ですが、いままで、これと『Epitome de Caesaribus(皇帝史略)』をごっちゃにしていました。史書史料一覧を修正しました。

 また、ピーター・ガーンジィ著『古代ギリシア・ローマの飢饉と食糧供給』の14章、p301に記載されている『ローマ概略史』は、『Epitome de Caesaribus』ですが、ここで記載のある2000万モディウスの出典部分1章6節を見ると、ラテン語原文でも英訳でも2億と読めます。10倍の違いがあります。もしこれが正しいとすると、この前後の論証の土台が崩れることになってしまいます。この部分の注記を「帝政期の都市ローマの人口と4世紀のコンスタンティノープルの人口推計の算定根拠」の記事の穀物輸入量の部分に追記しました。

7.ローマ時代の属州の徴税

 長谷川博隆『古代ローマの政治と社会』(2001年、名古屋大学 出版会)をもとに、属州の税制について「古代ローマ帝国の人口・財政・官吏・役人などの各種データ」の記事に追記しました。属州ごとに違っている様子がよくわかりました。

8.アケメネス朝を扱った古代ギリシア戯曲 アイスキュロス作『ペルシア人』

こういう戯曲があるとは知りませんでした。アケメネス朝時代、サラミス海戦で敗れた後のアケメネス朝ダレイオスと王妃アトゥサ、クセルクセスが登場する短い戯曲です。Wikipediaに記事がたっています(こちら)。昭和元年以来何度も邦訳がでています。1925年版と1927年版は、著作権が切れているのでいずれ国会図書館デジタルコレクションで公開されるのではないかと思います。イラン世界の映画・小説のリンク集に追加しました。

9.古代ローマ時代の学校教育と子供の世界

古代ローマ時代の学校教育と子供の世界の研究書を見つけました。アンリ・イレーネ・マルー『古代教育文化史』(原著1948年・邦訳1985年)と『世界子どもの歴史 第二巻 古代ギリシアとローマ』(1985年)です。この本を、「帝政ローマ時代の生活」のページに載せました。
 以前、「最近アマゾンで古書を買うと、その後の出品価格が下落することが続いている」と記載しましたが、最近、半年待っても下落しないので『古代教育文化史』を5500円で購入したところ、その2ヵ月後に3680円で出ていました、、、、。もうこうなると、高額の本は誰かをそそのかして買わせて下落するのを待つ、、、という作戦に出たいのですが、どうやったらいいかわかなくて悩んでます。。。。

10.漢代の飲食

林巳奈夫氏が京都大學人文科學研究所『東方學報』、1975年12月、48号)に掲載した、出土した飲食物遺物を分析・検討した論説のリンクをリンク集漢代の生活のページに追加しました。



[PR]

by zae06141 | 2017-04-24 00:10 | その他歴史関係 | Comments(0)

2017年 最近のサイト記事更新(1)

 最近記事にできそうな調べものが減ってきてしまいました。普段コピーの裏紙とかアマゾン配送伝票の裏紙とかをメモに持ち歩いて、何か頭に浮かんだ疑問に思ったことを即座に書き留めておいて、余暇に調べて過ごす、ということをしています。現在そのメモは既に数十枚に達していて、膨大な調査事項があるのですが、ちょっと調べて適量の記事になるような、記事にしやすい、適度な調査事項はあらかた調べつくしてしまいつつあります。残るのは、例えば「明朝最盛期と清朝前半期の人口1億5千万-2億人説の由来(史料と推計値の算定根拠)」のような、調べるだけで(一日の実作業時間8時間として)実働4日、記述をまとめるのに実働2日かかるような負荷の高い事項か、或いは逆に、検索して数分、図書館で調べても15分程度でわかってしまうような、わざわざ記事にすることも無いような事項の、両極に分かれつつあるのが最近の傾向です。というわけで、今回と次回は、単体の記事になりにくい、ちょっとした記事の追加や修正をいくつかまとめて更新履歴として載せることにしました。

1.ローマ領土内でのユリウス暦の浸透

古代地中海世界のダイナミズム―空間・ネットワーク・文化の交錯-桜井-万里子編』(2010年、山川出版社)所収、志内一興著「イガエディアニ人に贈られた日時計」という興味深い論考があります。ユリウス暦のローマ帝国領内への浸透具合に関する論考です。「古代地中海世界の暦について」の記事に紹介文を追記しました。

2.クシャン朝の王閻膏珍の閻の意味

クシャン朝の王、ヴィマ・カドフィセスの『後漢書』の表記「閻膏珍」が、どうして発音的に「ヴィマ」なのかずっと疑問だったのですが、閻は、閻魔大王の閻で、閻魔は、ヴェーダ語でYama、漢語中古音のyemだと気づきました。つまり、ヴィマはYama=閻魔のことで、発音・意味ともに、『後漢書』に登場する閻膏珍は正確な表記なのだと理解しました(たぶんあってるのではないかと思います)。一応以下の記事に追記しました。古代イラン史学史(4) 20世紀前半の歴史学・20世紀中頃までのクシャン朝研究史

3.1世紀ローマの風刺詩人マルティアリスの邦訳があることを知りました。リンク集に追加しました(『マールティアーリス詩集』大学書林,1964年等)。

4.古代ローマの学校の史料

私は身近なものにまず興味があるのですが、古代ローマの学校の様子についてもずっと知りたいと思っていました。いままで結構な数のローマ遺跡を訪問してきましたが、学校の遺跡は見たことがありません。以前、9世紀のビザンツを描いた映画『コンスタンティン・フィロソフ』で小学校の映像が出ているのと、小説『カイウスはばかだ』で小学校の様子が非常に詳しく描かれていることから、改めて出典を知りたいと思っていたところ、
H.I.マルー著『古代教育文化史』第三部で断片的な史料を駆使して、当時の学校教育の内容と学校の様子を明らかにしている部分を読むことができました。史料そのものではなく、マルーの書籍の当該箇所の案内を古代地中海世界の書物の記事に追加しました。マルーの『古代教育文化史』(原著1947年、邦訳1985年)は恥ずかしながら書籍の存在を最近まで知らなかったのですが、この手の書籍が他にあまり見られないのは、マルーの本書が決定版だからなのではないか、と思いました。本文中に出典史料箇所が都度記載されていて読みやすく、現在少しづつ読んでいます。第一部古代ギリシア約110頁、第二部ヘレニズム時代約160頁、第三部ローマ時代約140頁合計約550頁ある大著です。多分、ローマ時代の部分は今月中くらいには読了できるのではないかと思います。

5.ローマ時代の識字率

本村 凌二氏の「ローマ人の読み書き能力」( 『書物の言語態(シリーズ言語態3)(宮下志朗・丹治愛編)』p31-50)という論説が興味深く読めました。いちおう
古代地中海世界の書物の記事にリンクと簡単な解説を追加しました。古代のローマ人にとっての識字力とは、以下のような簡単な英語を読むのに近いのだ、ということがわかりました。アルファベットさえ覚えれば読めるのだ、というこれまでの先入観を覆されました。識字率という言葉は、識字率(名前の読み書きができる程度)と識文率(文章が読めるレベル)とにわけて定義すべきではないのか、と思うようになりました。今までラテン語を勉強しようとして、テキストの最初の10ページで挫折する、ということを何度も繰り返してきましたが、簡単な碑文を読解する、というところに焦点を絞ると、案外少しは続けられるのではないか、というような気もしています。

ITCOULDBEVERYHARDTOREADLATININSCRIPTIONANDTEXTFORA.R.P.EVENFURTHERFORJP

次回に続く

[PR]

by zae06141 | 2017-04-14 00:33 | その他歴史関係 | Comments(0)

突厥同時代史料『キョル=テギン碑文/ビルゲカガン碑文/トニュクク碑文』、メナンドロス・プロテクトールのビザンツー突厥使節記訳注の掲載場所

 今回の記事は、国会図書館の遠隔服複写サービスを利用したい方向けの情報です。

 突厥の同時代史料である、東突厥代第二帝国の可汗、ビルゲ可汗(在716-734年)と彼を補佐した1歳年下の弟のキョル・テギン(731年没)、更に同時代の高官のトニュククの三つの碑文の邦訳が、1943年刊『満蒙史論叢』第四巻、小野川秀美訳注「突厥碑文譯註」にあります。本史料は、突厥自身が自ら刻んだ同時代史料の中の最長のものとして突厥史最重要史料のひとつです。「突厥碑文譯註」は『満蒙史論叢』4巻のp249-425頁です。249-50は論文扉頁とその裏頁なので、実質251頁からの開始です。内訳は以下の通りです。

続きを読む
[PR]

by zae06141 | 2017-04-04 00:14 | その他歴史関係 | Comments(0)

匈奴と突厥の暦

前回の突厥の石碑一覧の記事作成時の当初の目的であった、匈奴と匈奴の暦や祖先の業績の記録は一応見付けることができました。




続きを読む
[PR]

by zae06141 | 2017-03-26 00:29 | その他歴史関係 | Comments(0)