古代世界の午後雑記


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
はじめまして。今頃になっ..
by Mellow at 23:02
zae06141様 ご..
by バハラム at 20:12
バハラム様 こんに..
by zae06141 at 23:57
zae06141様、お久..
by バハラム at 22:24
gekiryu様、 ..
by zae06141 at 00:42
情報ありがとうございまし..
by gekiryu at 23:20
バハラム様 こんに..
by zae06141 at 21:35
zae06141様 面..
by バハラム at 19:54
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ブログパーツ
南アフリカランド取引業者
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2017年 04月 14日 ( 1 )


2017年 最近のサイト記事更新(1)

 最近記事にできそうな調べものが減ってきてしまいました。普段コピーの裏紙とかアマゾン配送伝票の裏紙とかをメモに持ち歩いて、何か頭に浮かんだ疑問に思ったことを即座に書き留めておいて、余暇に調べて過ごす、ということをしています。現在そのメモは既に数十枚に達していて、膨大な調査事項があるのですが、ちょっと調べて適量の記事になるような、記事にしやすい、適度な調査事項はあらかた調べつくしてしまいつつあります。残るのは、例えば「明朝最盛期と清朝前半期の人口1億5千万-2億人説の由来(史料と推計値の算定根拠)」のような、調べるだけで(一日の実作業時間8時間として)実働4日、記述をまとめるのに実働2日かかるような負荷の高い事項か、或いは逆に、検索して数分、図書館で調べても15分程度でわかってしまうような、わざわざ記事にすることも無いような事項の、両極に分かれつつあるのが最近の傾向です。というわけで、今回と次回は、単体の記事になりにくい、ちょっとした記事の追加や修正をいくつかまとめて更新履歴として載せることにしました。

1.ローマ領土内でのユリウス暦の浸透

古代地中海世界のダイナミズム―空間・ネットワーク・文化の交錯-桜井-万里子編』(2010年、山川出版社)所収、志内一興著「イガエディアニ人に贈られた日時計」という興味深い論考があります。ユリウス暦のローマ帝国領内への浸透具合に関する論考です。「古代地中海世界の暦について」の記事に紹介文を追記しました。

2.クシャン朝の王閻膏珍の閻の意味

クシャン朝の王、ヴィマ・カドフィセスの『後漢書』の表記「閻膏珍」が、どうして発音的に「ヴィマ」なのかずっと疑問だったのですが、閻は、閻魔大王の閻で、閻魔は、ヴェーダ語でYama、漢語中古音のyemだと気づきました。つまり、ヴィマはYama=閻魔のことで、発音・意味ともに、『後漢書』に登場する閻膏珍は正確な表記なのだと理解しました(たぶんあってるのではないかと思います)。一応以下の記事に追記しました。古代イラン史学史(4) 20世紀前半の歴史学・20世紀中頃までのクシャン朝研究史

3.1世紀ローマの風刺詩人マルティアリスの邦訳があることを知りました。リンク集に追加しました(『マールティアーリス詩集』大学書林,1964年等)。

4.古代ローマの学校の史料

私は身近なものにまず興味があるのですが、古代ローマの学校の様子についてもずっと知りたいと思っていました。いままで結構な数のローマ遺跡を訪問してきましたが、学校の遺跡は見たことがありません。以前、9世紀のビザンツを描いた映画『コンスタンティン・フィロソフ』で小学校の映像が出ているのと、小説『カイウスはばかだ』で小学校の様子が非常に詳しく描かれていることから、改めて出典を知りたいと思っていたところ、
H.I.マルー著『古代教育文化史』第三部で断片的な史料を駆使して、当時の学校教育の内容と学校の様子を明らかにしている部分を読むことができました。史料そのものではなく、マルーの書籍の当該箇所の案内を古代地中海世界の書物の記事に追加しました。マルーの『古代教育文化史』(原著1947年、邦訳1985年)は恥ずかしながら書籍の存在を最近まで知らなかったのですが、この手の書籍が他にあまり見られないのは、マルーの本書が決定版だからなのではないか、と思いました。本文中に出典史料箇所が都度記載されていて読みやすく、現在少しづつ読んでいます。第一部古代ギリシア約110頁、第二部ヘレニズム時代約160頁、第三部ローマ時代約140頁合計約550頁ある大著です。多分、ローマ時代の部分は今月中くらいには読了できるのではないかと思います。

5.ローマ時代の識字率

本村 凌二氏の「ローマ人の読み書き能力」( 『書物の言語態(シリーズ言語態3)(宮下志朗・丹治愛編)』p31-50)という論説が興味深く読めました。いちおう
古代地中海世界の書物の記事にリンクと簡単な解説を追加しました。古代のローマ人にとっての識字力とは、以下のような簡単な英語を読むのに近いのだ、ということがわかりました。アルファベットさえ覚えれば読めるのだ、というこれまでの先入観を覆されました。識字率という言葉は、識字率(名前の読み書きができる程度)と識文率(文章が読めるレベル)とにわけて定義すべきではないのか、と思うようになりました。今までラテン語を勉強しようとして、テキストの最初の10ページで挫折する、ということを何度も繰り返してきましたが、簡単な碑文を読解する、というところに焦点を絞ると、案外少しは続けられるのではないか、というような気もしています。

ITCOULDBEVERYHARDTOREADLATININSCRIPTIONANDTEXTFORA.R.P.EVENFURTHERFORJP

次回に続く

[PR]

by zae06141 | 2017-04-14 00:33 | その他歴史関係 | Comments(0)