古代世界の午後雑記


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
pepeino様 ..
by zae06141 at 00:27
最後は一般論として,..
by pepeino at 22:44
そこで,感謝の念を示すた..
by pepeino at 22:43
zae06141様 ..
by pepeino at 22:42
zae06141様 ..
by pepeino at 20:44
pepeino様 ..
by zae06141 at 20:28
pepeino様、 ..
by zae06141 at 00:46
ブログというものをやった..
by pepeino at 16:06
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
タグ
ブログパーツ
南アフリカランド取引業者
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

歴史小説

赤羽亮の小説「流沙伝説」はパルミュラ女王ゼノビアを扱った小説で スケールも大きく 当時のローマとササン朝イランという2大世界帝国間の狭間で生きるパルミュラを舞台とした国際謀略小説である。軍事的にはまったく対抗しきれない大国の狭間で翻弄される小さな都市国家が 諜報活動を最大限活用して うまく大国間を泳いで行くストーリは この時代くらい古い歴史小説としては少ないと思う。 パルミュラ在住の中国人などが出てきて 孫子呉子の兵法の講釈をパルミュラの諜報部員に行ったり、ゼノビアの父がかつてササン朝のセレウキアで暮していた時 ササン朝のスパイになっていたなど、舞台設定も面白く、楽しめる小説である。 しかし一つどうしても納得できないのは、登場人物達の台詞に「アルダシール1世」とか「シャープール1世」とか「1世」という言葉が出てきてしまっていること。当然だがアルダシール2世もシャープール2世もこの時代にはまだいない。ササン朝の今上国王がシャープール1世なわけで、その父親がアルダシール1世。シャープール2世が誕生し、国王に即位するのはこの時代のだいたい40年後でアルダシール2世となると即位は100年以上あと。この小説の時代にはまだ「アルダシール」という国王も「シャープール」という国王もまだ一人しかいないのだから、この時点で「アルダシール1世」とかいうのは絶対におかしい、不可能な台詞なのである。登場人物の台詞以外の部分で、作者が使うのならまだしも、台詞の中にでてきてしまうのは絶対におかしいよね。 作者が語る部分くらい「1世」とかいれとかないと、いつの時代だの話だか読者にはわかりにくくなる、ということもわかるのだけど、本当は出きれば 歴史小説は当時の目線で方って欲しいので、当時の人が使っていた用語の範疇はでて欲しくないよね。 例えばこの小説中に「比翼連理」という台詞がでてくるけど、これは唐の時代の白楽天の詩がもとで一般に膾炙されるようになった言葉だから この時代の登場人物が語っちゃいけないと思う。 熟語となると これはなかなか難しいとは思うけど、人名や称号、国名などは気をつけて欲しいところ。歴史小説で一番チェックしたくなるのはこの部分。現代の我々だって、英国女王は「エリザベス女王」というのが普通で、あまり「エリザベス2世が」とか言わないし、ワシントンとかリンカーンなどの場合は「ワシントン大統領」とは言わないはず。だから当時の人も例えば3世紀くらいの人が「トラヤヌス帝が」とか日常会話で話していたのかどうか?単に「トラヤヌス」と言っていたんじゃないの?明かにその当時使われていた筈のない言葉が出てくると興ざめになってしまうもの。 よく中国の小説でも、前漢代の小説の中で、後漢時代に書かれた「漢書」が作者の語る部分で出てくることがあるけど、こうした歴史書の引用は中国歴史小説に非常に顕著で もう一つの様式といっていいと思うが、これも私の場合結構興ざめである。あと登場人物が「漢帝国」とか「ローマ帝国」とかいうのもちょっと興ざめ
[PR]

by zae06141 | 2006-10-01 16:18 | その他歴史関係 | Comments(0)
<< アントニオネグリ 「帝国」によせて 氏名と家名 >>