古代世界の午後雑記


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
pepeino様 ..
by zae06141 at 00:27
最後は一般論として,..
by pepeino at 22:44
そこで,感謝の念を示すた..
by pepeino at 22:43
zae06141様 ..
by pepeino at 22:42
zae06141様 ..
by pepeino at 20:44
pepeino様 ..
by zae06141 at 20:28
pepeino様、 ..
by zae06141 at 00:46
ブログというものをやった..
by pepeino at 16:06
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
タグ
ブログパーツ
南アフリカランド取引業者
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

氏名と家名

 皇帝ハドリアヌスは プブリウス・アエリウス・ハドリアヌス が本名で、プブリウスが個人名、アエリウスは氏族名、ハドリアヌスが家名だそうです。我々「姓名」というとおり、苗字と名前の二つしか通常もたないので、この氏族名、家名という感覚がよくわからなかったのですが、最近「藤原氏千年」(講談社現代新書)を読んでいて今更ながらやっとわかりました。その本によると藤原氏という氏族が段々栄え、一族の数と規模も大きくなってくると、単に「藤原氏」だけではどの人なのか分類が困難になってきたので「家名」というものが必要になってきて、冷泉家とか一条家とか近衛家という家名が成立したとのこと。確かに私の場合も 親戚が集まる場所では、親戚同士地名で呼びあったりするので、それと同じだということが分かりました。そして更には我々日常で「氏名」という言葉を用いており、これは「家名」ではなく【氏名】なのだと今更ながらに気づきました。定期券を購入する時、アンケートに答える時、我々は「家名」ではなく、「氏名」を用いているのですね。氏族制社会なんて古代の話でよくピンときませんでしたが、ところがどっこい現代社会も実は氏族社会の名残を留めていることが実感できました。してみると、現代でも氏名、家名、個人名 でもよいように思えます
[PR]

by zae06141 | 2006-10-01 16:16 | その他歴史関係 | Comments(0)
<< 歴史小説 ○○朝という表現について >>