古代世界の午後雑記


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
はじめまして。今頃になっ..
by Mellow at 23:02
zae06141様 ご..
by バハラム at 20:12
バハラム様 こんに..
by zae06141 at 23:57
zae06141様、お久..
by バハラム at 22:24
gekiryu様、 ..
by zae06141 at 00:42
情報ありがとうございまし..
by gekiryu at 23:20
バハラム様 こんに..
by zae06141 at 21:35
zae06141様 面..
by バハラム at 19:54
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
タグ
ブログパーツ
南アフリカランド取引業者
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

F爺・小島剛一氏の記事デタラメ説(3)-(8)についての弁明と疑問

2016/June/17 21:57更新 *2を追記

 先週 2016/5/28, Sat 21:15 付けメールで、小島氏から、ブログの記事をご覧ください、とのメールが来ました。30日の夜にメールとブログを拝見し、2016/5/30, Mon 21:57 に以下の内容の返信をお送りいたしました。

メールの詳細ヘッダーは以下の通りです。メールアドレス等個人情報に関する部分は、伏字にさせていただいております。

From PPPP PPPP Mon May 30 21:57:49 2016
X-YMail-OSG: PWMa5IAVM1mA_FARal8BvQ4BX6EjIE.KU6xGY9JcWEkQbDZsLzQZ7uxeE59MzaTh4oLB0SmdEFWMq1x3bwFXKBQSCMLMuhW60Yef.Nmq3Tqswlq3BrCkQ4fZR3CRaNmxfkUos2gXqYjzPV1DQa1NRtcOFxk5Nh0vavkR7xQU5xYjXoPhpPPv.rIWXlo0XzLFgQbYXoG3oXeulNfX6amKqq24GhBDMtBTAwW3BBusrz6Dyx1eoKSj9xxQ1mnirEcouObtF3IOJeMhoJFNNQxeJTHSl7dJChCshwLEgE6T93R0jSFbZzO0Zr3BvutJKdNc4PEGEVM9XIScok3glkw_6ynHcViBFpm3MowxKzE56RsG5FzwRV28aewyh0Y3qZn21BlHPRnPHld.wrzJD3fDWSlZ8t6gF3lH.SsjNxscxhOI3ohYUvVq1G2R776qPlwQinJTWPcnXsrBIkcyXNj0JQvf1hTkgwoQL3Uzraoi0hOVzD8_16TsVQChbG.57dbfbK06oYXXkqCmeyMsed3cSpEuOjV9Hb34dzMolfMsiVcnfo9wpQJ.ZuAi477QtfemJlxxlQyMNiBInQYvdFsKyyI665rzD7Witsc36VeNSCnoubP18jADVtqD6zvWlg--
meOAgiDjg5bjg63jgrDoqJjkuovjgpLmi53opovjgYTjgZ_jgZfjgb7jgZfjgZ_jgIIg77ye44CM44Kz
44Oh44Oz44OI44Gu6JGX5L2c5qip44GM44GC44KL44Gv44Ga44Gu44CNRueIuuOBq.eEoeaWreOBp.OA
geWJiumZpOOBl.OBvuOBl.OBn.OAgiDlsI_ls7bmp5jjga7jgrPjg6Hjg7Pjg4jjgavokZfkvZzmqKnj
gYzjgYLjgovjgIHjgajjgYTjgYboqo0BMAEBAQE-
Received: from [xxx.xxx.xxx.xxx] by web100914.mail.ppp.ppppp.pp.pp via HTTP; Mon, 30 May 2016 21:57:49 JST
X-Mailer: PPPPPPPPPPPPP/0.8.111_69
X-YMail-JAS: qfmdmq0VM1lRrpRcKQkWF6sN8kf.4qg6JH9Fdn4Bf8aFPw.N.GQNOelguhqu2mxLmEyH76gaXHPMd.X6WfCdySzgKRmbCoxfGnjEso_fZUEQujdfv.X3oIoISkiy.EKOgIXD
References: <000001d1b8da$960730d0$c2159270$@ffffff.ff>
Date: Mon, 30 May 2016 21:57:49 +0900 (JST)
From: PPPP PPPP <pppppppppppp@pppp.pp.pp>
Reply-To: PPPP PPPP <
pppppppppppp@pppp.pp.pp>
Subject: =?utf-8?B?UmU6IOWwj+WztuWJm+S4gOOBp+OBmQ==?=
To: Goichi Kojima <kkkkkkkkkkkk@kkkkk.kk>

返信の内容は以下の通りです。





メールで引用している小島様の文言は、すべてブログの内容であり、メール等非公開のものではない点、ご留意ください。なお、私の氏名の部分は、PPとさせていただきました。

(1)メールの返信内容 
--------------------------------------------------------------------

小島様

ご無沙汰しております。PPです。

ブログ記事を拝見いたしました。

>「コメントの著作権があるはずの」F爺に無断で、削除しました。

小島様のコメントに著作権がある、という認識を示しておきながら、無断で削除してしまった点は申し訳ありませんでした。軽率でした。

F爺がこのブログに「デタラメ説」シリーズの記事を五篇掲載した、とメールでP氏に知らせました。どんな反応を示すか、興味津々です。

私自身の身から出た錆びである部分もありますので、それについては、どうしようもありません。

記事の本文原稿は残っておりますので、記事を2011年1月付けで再掲載することは可能です。その際、お手数を煩わせるようですが、ラズ人に関するコメントを先生が再投稿されるか、或いは私の方で先生のブログ記事のコメントからコピーして、先生名義でコメントを再投稿して復元する方法も取れます。
ただし、記事本文の復元内容は、コメントに関係する部分だけにさせてください。

>『ウィキペディア』の「ザザ人」(?)の項目の日本語版を作成した「犯人」がこれで判りました。

このご認識は誤りです。ザザ人の項目に追記はしましたが、作成はしておりません。確かに、私にはいろいろ落ち度がありましたが、この件について「犯人」という文言を用いて作成者だと決め付けられるのは心外です。
また、Wikipediaのザザ語の項目の内容に問題があるのであれば、Wikpediaは誰でも編集できるのですから、先生自身がご編集され、誤りを訂正することも可能です。その方が早道だと思うのですが、いかがでしょうか?

先生の目的は、Wikipediaの記事の内容の修正でしょうか?それとも、
「無学な者が英語版の記事を真に受けて翻訳追記したWikipediaの項目事例」として、追記者とそのやりとりをネット上に残したい、
ということなのでしょうか?

>P氏の運営しているブログの名前とリンク、それにP氏が今でも使っているハンドル・ネーム二種類をいつ公表しようか、迷っています。

これはどのようなご意図からのご質問か図りかねますが、先生のお心の中では、結論はでているのではないでしょうか?

PP

--------------------------------------------------------------------

このメールが届いていない、ということ(以下更新部分を参照)で、小島様はご自身のブログ記事デタラメ説(6)で、私のブログ名とハンドル名を公開した、と記載しています。メール返信後、エラーが戻ってきていないのですから
(以下更新部分を参照)、私は、メールは小島様のもとに届いているものと認識しております。しかし、届いていない、との文章がデタラメ説(6)に記載されているため、返信内容をここに書かせていただきました。

--更新
2016/June/06 23:56①--
今夜調査し、メールは6/1にエラーとなって戻ってきていることが判明しました。エラーメールは、メーラーの自動振り分け機能でゴミ箱に入ってしまったため、気づくのが遅れました。この点申し訳なく思っております。なお、エラーの解析についての詳細は、
まだフランスのメール会社と調査中ではありますが、以下のページに途中経過までまとめております。ご興味のある方はご覧ください。
http://heartland.geocities.jp/zae06141/error_mail_2016_06_06B.html
-------------------------------

この件の発端となった、小島様が
デタラメ説(1)-(2)について記載されていることは事実ですので、この記事の表題の弁明とは、その後のコメント削除の件に関するものです。

(2)当該コメント文を含む記事削除に関する弁明

当該の記事の削除は小島様の記事単体を狙って削除したのではなく、削除した2014年12月当時、ブログの記事が500に達し、過去記事に書いた情報をGoogleで検索しないとわからない、という不便な状況になってしまったため、300程の記事を一括して削除した時に、小島様関連の記事も含まれてしまったものです。特に他意があったわけではないのです。ただし、小島様のコメントに著作権(あくまでネット上のマナーという意味で)を認める発言を私がしていたので、削除時に小島様に連絡しなかったのは私の手落ちです。これについては申し訳ありませんでした。

(3)今回の進め方に関する疑問

一方で、今回の進め方には疑問を感じております。小島様は、デタラメ説(5)で、
どんな反応を示すか、興味津々です。
と記載されているため、まずは、5/30日の返信では、「反応」をしてみた次第です。なお、記事復元に関する記載は、可能だということをお知らせするものであり、この時点では確約するものではありません。というのは、仮に記事とコメントを復元したとしても、デタラメ説(3)に小島様のコメント全文が掲載されており、この件にご関心のある小島様の読者の方が、既に手元のPCに保存されているかも知れません。すると、私のブログで記事とコメントを復元し、小島様の記事を削除しても、デタラメ説(3)の文章で検索すれば、私のブログが判明してしまい、更に私のブログの「このブログについて」でAmazonのレビューにリンクを貼って紹介しているため、Amazonのハンドル・ネームも判明してしまうことになります。

 つまり、小島様がデタラメ記事(3)を書いた段階で、事実上ブログ名とハンドル名は公開される結果となる可能性が極めて強くなってしまっていたわけです。この段階で、小島様に
ハンドル・ネーム二種類をいつ公表しようか、迷っています。
と書かれても、どうしようもない段階に来てしまっている、と考えざるを得ませんでした。

そこで私は、
>これはどのようなご意図からのご質問か図りかねますが、先生のお心の中では、結論はでているのではないでしょうか?

と返信させていだいた次第です。

(4)少々軽率なところがあったのでは?

小島様は、デタラメ説(5)で、
>F爺は、この件の唯一の被害者です。そして、落ち度など何も無いのに、誹謗中傷された上にコメントの著作権を侵害され、徹底的に蔑ろにされたのです。

と書かれておられます。デタラメ説(1)-(2)で記載されているAmazonレビューに私が軽率にも引用してしまった、「あの中身は全部デタラメだよ」という文言については、まさに被害者です。私も大変軽率なことをしてしまったと反省し、当該文言を削除し、謝罪しました。しかし、今回のコメントの削除の件は、事前に私に連絡していただければ、

・記事整理(大量削除)の中でまぎれてしまい、小島様のコメントを削除する目的で行なったわけではないこと
・記事の原稿と、小島様の保存されている文章から、内容を復元できる

ということがお伝えでき、こんな騒動にならなかったかも知れません。5/30日に返信したメールの件もそうです。返信が来ないと即座に決め付けるのは少々軽率なのではないでしょうか?5/28日にメールを出したが、届いていないだろうか、と再度メールで確認するか、或いは、私のブログのコメント欄に、「メールが届いていないのではないか?」となど、確認する手段は他にもありえた筈です。

Wikipediaのザザ人の項目にしても、私が作成者だと決め付けておられますが、私は作成者ではありません。記事の追記者です。

なお、コメントに関し、私が用いている著作権とは、コメントといえど勝手に削除・改変をせず、筆記者に確認を取った上で実施する、というネット上のマナーのことであり、「コメントの著作権を侵害」という、まるで私が法律違反をしているように書かれるのも心外です(コメントの削除権はブログの管理者にある点は、エキサイト社にも確認しております)。

--更新2016/June/07 23:23--
本日は3点記載いたします。

1.私のアマゾンレビューの掲載に関しては、既に小島様がブログ記事デタラメ説(7)から削除されたのを確認しました。小島様は、デタラメ説(7)の2016/06/07(05:33)のコメントで、「F爺は出典を明らかにして正式に「全文引用」しただけですが、それを「無断転載」と形容なさったままでも、一向に構いません。」と記載されていますので、この点についてアマゾン社の見解を追加したいと思います。

 本日アマゾン社から回答があり、「米Amazon.co.jpでは当サイトに無断でレビューを他サイトに転載することを規約上認めておりません。」とのことでした。以下のURLに利用規約があります。
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=643006
この中の、「アマゾンサービスを通じて提供されるすべてのコンテンツ(文字」の「文字」および、「アマゾンサービスを通じて提供される情報および画像等の無断転載をお断りいたします」という部分に、ユーザーレビューも含まれるとのことです。つまり、レビューの筆記者である私自身でも、自分のレビューを他のサイト等に転載する時は、正式にはアマゾンの許可が必要ということになるようです(この部分はこれ以上質問しませんでしたが、これはちょっと意外でした)。

2.メールエラーの調査の進捗
本日はフランスのメール会社から回答が届きませんでした。しかし、昨晩は時間がなくてまとめられなかった、間接的原因について、解析と解説を追記しました。ご興味のある方はご覧ください。
http://heartland.geocities.jp/zae06141/error_mail_2016_06_06B.html
一応私もIT技術者のはしくれですので、単純に技術的興味からの調査、という側面が強くなってきております。

3.前日の更新②の削除について

昨夜の更新では、小島様が私のアマゾンレビューを削除していただければ、更新②も削除します、と書きましたが、デタラメ説(7)
の2016/06/07(05:33)のコメントで「削除なさっても、なさらなくても、F爺にとっては何も変わりません。ご自由にお決めください。」と記載されているため、残すことにしました(ただし一部不要な部分は削除・修正しました)。

*2 2016/June/17追記:小島様の前著のレビューは、私のサイト『古代世界の午後』の「インド・イスラーム関連書評」に転載しておりました。
小島様は、デタラメ説(8)の記事で、「Solaris1氏は、F爺からのメールを受け取った後で、慌ててそこからも記事を削除したのだろう」と、勝手な推測をされていますが、事実は違います。今回、小島様が私に無断で小島様のブログに前著のレビューを転載したことから、どこか他でも転載されていないか、と検索したところ、自分のサイトに転載していたことがわかりました。自分のレビューの転載さえアマゾン社の許可が必要との規約なのだから、当然削除しました(しかし、今回このような騒動になったからには、思い出していれば即刻削除した筈なので、結果は同じです)。今回の騒動の発端になった、(デタラメ説騒動の発端となった)私のブログ記事を、私が意図的に、故意に削除したのだとしたら、その時同時にこのレビューも削除していたのではないでしょうか?事実は両方とも忘れていた、ということなのです(そして”コメントの著作権”を認めていたことも忘れてブログ記事を削除してしまった、ということです。忘れていたことは申し訳なく思っております)。

---------------------------------------------

--更新
2016/June/06 23:56②(08 22:39一部変更)--
 本日小島様は、デタラメ説(7)で、昔私がアマゾンのレビューに書き、今は削除したレビューを私に無断で掲載しました(※1 6/7日アマゾン社に確認したところ、削除済みのものであっても、無断転載に該当する、とのことでした。詳細は上記6/7の更新部分をご覧ください。※2 6/7日中に小島様は当該部分を削除してくれました)。私が当該レビューをアマソンから削除したのには私なりの理由があります。小島様は、デタラメ説(2)で、続編のレビューの内容変更交渉について、2週間も難航した、という旨のことを書かれていますが(もし誤解されている方がおられるとしたら、という前提での補足ですが)、デタラメ説(2)で記載されている問題の<デタラメ>文言は、小島様のご指摘後、即座に削除しました。2週間難航したのは、それ以外のレビュー文章についてです。これを読む方は、その詳細をお知りになりたいと希望される方もおられるかも知れませんが、私信メールの内容を公開することはできません。要約や概要であってさえも。しかし、理由を記載することは可能だと思います。続編のレビューを削除した理由は、2週間の内容変更のやりとりの後のレビューを見て、私は、これはもう私の著作物ではなくなってしまった、と感じたためです。

 続いて、1991年のご著書のレビューを削除した理由を述べます。私は小島氏の誰もやりえなかった偉大な業績に敬意を払っているつもりですが、公開情報をのみを用いて記しますと、本記事の(3)(4)で書かせていただいたように、少々軽率に、相手に確認せずに判断して進めてしまい、要らぬ波風を立ててしまう部分があると感じています(何度も書きますが、デタラメ説(1)(2)の内容は、波風を立てたのは私です。深く反省しております)。続編が出た時に、続編を読んで違和感を感じました。そこで前著も読み直し、前著にも幾つかの箇所で違和感を持つようになり、更にレビュー内容変更交渉の過程を通じて、両著への違和感は更に強まりました。その時点で、前著のレビューに追加を記載することも考えましたが、「新著を出して欲しい」旨記載していたレビューの内容も実現したことでもあるし*1、続編読了後の前著再読の感想を追記して、また”内容変更交渉”が発生することになるような可能性を考えると、このまま掲載を続けるのは自分に嘘をついていることになるし、追記するのも波風が立ちそうなので、削除することにした次第です。しかし、少なくとも、あの本を読んだ1993年から2010年末までは、あの通りのことを考えていました。それは事実です。残念ながら今はだいぶ違ってきてしまいましたが、、、

*1本日前著のアマゾンレビューを確認したところ、最古の投稿者は、2006年10月11日となっていて、私の投稿日2006年5月6日以降です。しかし私の記憶では、5/6日当時、既に2,3のレビューがあった記憶があります。いづれにしても、レビュー数が少ないため、この著書を宣伝したいと思いレビューを書きました。私がレビューを削除した2011年1月当時は、既に10以上のレビューが投稿され、2006年当時と比べると多くの人に知れ渡ったようであることも、「もう役目は果たした」と考えた理由のひとつです。
---------------------------------------------

取り急ぎ本日は以上です(今後の展開によっては、書き足す可能性があります)。

[PR]

by zae06141 | 2016-06-05 23:57 | 雑記 | Comments(0)
<< 特別展『黄金のアフガニスタン展... 古代ローマ・中世イタリア歴史映... >>