古代世界の午後雑記


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
pepeino様 ..
by zae06141 at 00:27
最後は一般論として,..
by pepeino at 22:44
そこで,感謝の念を示すた..
by pepeino at 22:43
zae06141様 ..
by pepeino at 22:42
zae06141様 ..
by pepeino at 20:44
pepeino様 ..
by zae06141 at 20:28
pepeino様、 ..
by zae06141 at 00:46
ブログというものをやった..
by pepeino at 16:06
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ブログパーツ
南アフリカランド取引業者
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

古代ローマ・ラテン語碑文の分布と年代別増減グラフ

 購入しているわけでもなく、全部読んだわけでもない本の話で恐縮ですが、大清水祐氏『ディオクレティアヌス時代のローマ帝国:ラテン碑文に見る帝国統治の継続と変容』(山川出版社,2012 年)の序論に、ラテン語碑文の数量に関する話が出ていたので、興味を惹かれ、これまで出土している碑文の分布、年代別増減数のグラフを調べてみました(以下More)。



 丁度3ヶ月前に、英語の歴史Q&A質問箱「Aks Historian」に数量に関する記事「How much written record (in latin) do we have from the entirety of the roman empire?」が出ていたのでラッキーでした。以下の図版は、その質問箱に、回答している研究者らしき方がアップした画像です。出典は不明です。アウグストゥス時代から、ディオクレティアヌス時代まで、各皇帝毎に、碑文数がグラフ化されています。セウェルス帝の時代がピークだったことがわかります。

1.年代別増減グラフ(ラテン語碑文)
a0094433_22385459.jpg

 質問箱には、出典の記載がないのですが、S.Mrozekの作成したグラフから、と記載があるので、この画像の書籍の題名は不明であるものの、その出典とされているMrozek(ムロゼク)の研究とは、S.Mrozek "A propos de la rmozek propos de la réparations chronologique des inscriptions latines dans Haut-Empire , Epigraphica 35. 1973年" のことだと推測されます。(質問箱の画像リンクはこちら。拡大画像が見れます)

 大清水氏によると、3世紀になるとラテン語碑文の数が急速に減少している事実は、この論文以前から研究者に認識されていたとのことで、Mrozek氏は、その様子をグラフ化した、ということのようです。このグラフは、1680の碑文をもとに作成されているとのことですが、ラテン語碑文集成のデータベース「Epigraphik-Datenbank Clauss / Slaby EDCS」を、質問箱回答時に検索したところでは、全部で 483,846がヒットしたとのこと。更に毎年数百から1000程の新規碑文が、碑文集成として出版され続けているそうです。これほどの数の碑文があるとすると、Mrozek氏が挙げている1680個程度の碑文数で、傾向を一般化できるのかどうか、若干疑問も感じますが、現時点では碑文の数量的研究はこれしか無さそうです。データーベースに出土地と年代データがあって、出土地別、年代別に検索ができれば、年代別出土地分布マップなどが作れるかも知れません。年代別に、どのようにラテン語碑文が、帝国内に広まっていったのかがわかれば、帝国内におけるラテン語普及の様子なども解明できて面白いと思うのですが、そうなるまでにはまだ何十年もかかるのかも知れません。


2.分布地図
a0094433_22392679.jpg

質問箱の画像リンクはこちら。拡大画像が見れます)
 これは、数あるラテン語碑文集成の中でも、もっとも知名度の高いCIL(Corpus Inscriptionum Latinarum(ラテン語碑文集成))の各巻が、どの地域を扱っているか、という図です。質問箱の回答者は、直接分布を表す図がないので、代わりの手段として、CIL(全17巻、掲載碑文数18万)の各巻の扱う範囲を用いて、分布を計ろう、というアイデアで、この図を提示しています。これによると、現イタリア共和国の範囲を7巻でカバーしていて、英国1巻、イベリア半島1巻、フランス・ベネルクス三国・西ドイツ1巻となっています。東部ギリシア語圏は、全体が1巻でカバーされていて、ギリシア語圏のラテン語碑文は、あまり多くないこともわかります。質問の回答では、ローマ市だけは数字が出ていて、9万5千とのことです。

 各種碑文集成が出版されているラテン語碑文の数量傾向については、少なくとも上記のような分析が出来るようなのですが、古代のギリシア語碑文については、ギリシア本土と島嶼部から発見された碑文集成(Corpus Inscriptionum Graecarum)があるだけで(しかもローマ時代だけのものではない)、ローマ東部全土から発見された碑文は、個別の論文に発表されているだけで、ローマ東部のギリシア語圏全体をカバーする碑文集成はまだないようなのが残念です。ただし、ローマ時代のギリシア語碑文の総数については、約30万と、上記質問箱の回答にありました。

 ついでに、主なラテン語碑文集成の一覧表を作成してみました。ご興味のある方はこちらをご参照ください
[PR]

by zae06141 | 2015-09-07 00:04 | 古代ローマ・ビザンツ関係 | Comments(0)
<< 明朝最盛期と清朝前半期の人口1... 最近(2015年8月)見つけた... >>