古代世界の午後雑記


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
はじめまして。今頃になっ..
by Mellow at 23:02
zae06141様 ご..
by バハラム at 20:12
バハラム様 こんに..
by zae06141 at 23:57
zae06141様、お久..
by バハラム at 22:24
gekiryu様、 ..
by zae06141 at 00:42
情報ありがとうございまし..
by gekiryu at 23:20
バハラム様 こんに..
by zae06141 at 21:35
zae06141様 面..
by バハラム at 19:54
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
タグ
ブログパーツ
南アフリカランド取引業者
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

古代イラン(ササン朝)の一般のひとびとは、どのような名前だったのか?

 古代イラン人の名前として知られているのは、ダレイオスやクセルクセス、シャープールやホスローといった王族の名前です。一般人の名前にはどのようなものがあるのでしょうか?

 これについては、シャープール1世(在241-272年)の碑文ナクシェ・ロスタム碑文に、王族含めた役人の名前が役職とともに延々と記されています。この役人の名前は、一般の人びとの名前と考えてもいいのではないか、と考え、碑文から抽出し、以下に並べてみました。アルダワーンやヴァラシュ、ゴンドファル、セレウコスなど、パルティア人の名前も見えています。一方後期ササン朝王に多く登場するホスローやヤズダギルドが見えていないなど、前期ササン朝時代の特徴が出ているように思えます。

 ところで、縄田鉄男教授退官記念論文集刊行会編の言語文化論叢『縄田鉄男教授退官記念論文集』という書籍に、『名前の意味するもの-イラン人名学事始め-』(上岡弘二、吉枝聡子)という論考があり、現代イラン共和国の男女の人名ベスト30の調査と解説があり、現代イランの人名の傾向を知ることができます。これによると、現代イラン人男性のほとんどはアラビア語起源のイスラーム関連名で、イラン起源の名前も、『シャーナーメ』などに登場する、中世になってからメジャーとなった神話系の名前や国王の名前で、古代イランで一般人が利用した名前は現在には引き継がれていないようです。一方、女性名の場合は、ナーヒード(古代の女神アナーヒター)、ミートラー(古代の太陽神ミトラ)などがベスト30に入っていて、女性名については、古代イランの名前が、現在も多く引き継がれているようです。


以下、ナグシェ・ロスタム碑文に登場する人名一覧です。


【1】王族の男性の名前(11種類)
 バフラーム、シャープール、ホルミズド・アルダシール、ナルセフ、ペーローズ、パーパク、 アルダシール、Hamazasp、Valash、ササン、Shapur bidakhsh

【2】王族の女性の名前(6種類)
 Khoranzim
 Aduranahid
 Dinak
 Shapurdukhtak
 Rodak


【3】女性の名前(8種類)
 Narsehdukht
 Ćašmak
 Mirdut( Myrrod)
 Rud-dukhtak
 Varazdukht [Gorazdukht]
 Stahyrad
 Shapurdukhtak
 Hormizddukhtak


【4】男性の名前(90種類)

 Abdagash
 Abursam
 Abursam Rakhsh
 Abursam-Shapur
 アルダシール
 Andegan
 Anošak 
 Ardashir bidakhsh
 Ardashir Karen
 Ardashir Varaz
 Ardashir Suren
 Arshtat Mihran
 Artaban
 Asporik
 バフラーム
 Bandak
 Barrak
 bidakhsh
 バグダッド
 Chashmak
 Chihrak
 Dehin Varaz
 Diran
 Farrak
 Frīk
 Geliman
 Gok Karen
 Gondofarr Abgan
 Gurik(Vardik)
 Kerdir Ardavan
 Kerdir(キルディール)
 Khoranzim
 Khudik
 Khumafrat
 Khur
 Kiduk
 Kirdisro bidakhsh
 ホルミズド
 Hormizdak
 Manzik
 Mard
 Mihr-khwast Baresigan
 Mihrak
 Mihrkhwast
 Mihrožan
 マーディン
 ナルセフ
 Nashbad
 Naduk
 Odabakht
 Pabish
 パーパク
 Papak Vaspurigan
 Pasfard
 Pazihr Vaspurigan
 Pohrik
 ペーローズ
 Peroz Karen
 Rastak
 Pažihr
 Sagbus
 ササン
 Sasan Ornekan
 Sasan Suren
 セレウコス
 Shanbit
 Shahimust
 シャープール
 Sritoy
 Tir-mihr
 Tiyanik
 トサール(Tosar)
 Vahunam
 Valash
 Vartragnipat
 Vardbad (Gulbad)
 Vardan
 Vardapad (Gulbad)
 Varzin
 Vinnar
 Vifar
 Vifard
 Virod
 Yazdbad
 Yoymard
 Zayen
 Zik
 Zik Zabrigan
 Zurvandad
[PR]

by zae06141 | 2015-04-27 00:19 | 古代イラン関係 | Comments(2)
Commented by バハラム at 2015-05-02 19:54 x
zae06141様
面白いです。
伊藤義教氏の著作にもありましたが、この時代の女性の場合、「誰某の娘」(~dukht)という命名は一般的なのですね。
それと、パルティア系の名前が見られるのもやはり建国期だからでしょうか。
中でも、「セレウコス」にはちょっとびっくりしました。こんな時代までいたのですね。こういう名前を持つ人物はギリシャの血を引いていると考えていいのでしょうか。
Commented by zae06141 at 2015-05-03 21:35
バハラム様

こんにちは。この碑文は、パフラヴィー語、パルティア語、ギリシア語の3言語碑文とのことなので、セレウコスはギリシア人そのものである可能性があると思います。(調べ切れなくて)ローマ字のままにしておいた名前の中にも、他にもギリシア人名があるかも知れません。

私としては、シーラーザードとかディーナーザードとか、「千一夜物語」の起源に関わる女性名がないものか、と期待したのですが、出てこなくて残念でした。

あと、シャープール(王の子)はあるのに、シャードゥクトはないんだなぁ、などと思ったりした次第です。
<< 各種地図におけるアケメネス朝・... 蜃気楼の都クテシフォン その4 >>