古代世界の午後雑記


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
pepeino様 ..
by zae06141 at 00:27
最後は一般論として,..
by pepeino at 22:44
そこで,感謝の念を示すた..
by pepeino at 22:43
zae06141様 ..
by pepeino at 22:42
zae06141様 ..
by pepeino at 20:44
pepeino様 ..
by zae06141 at 20:28
pepeino様、 ..
by zae06141 at 00:46
ブログというものをやった..
by pepeino at 16:06
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
タグ
ブログパーツ
南アフリカランド取引業者
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

1913/1928/1937/1970年の世界各国輸入先第一位の国の色塗りマップ

 前回(1993/2003/2011年)の続き。今回の出典はすべてマクミラン新編世界歴史統計 1750-1993 (〈1〉ヨーロッパ〈2〉 アジア・アフリカ・太平洋州〈3〉南北アメリカ)です。

 赤紫は英国。青はドイツ、緑は米国です。

1913年(第一次世界大戦前年)
a0094433_23161584.jpg

 中南米は、米大統領モンロー(在1817-25年)以来、ずっと米国の裏庭だったという先入観があり、貿易も米国が独占しているのだと思っていましたが、第一次大戦前の輸出は英国の方が上回っていたとは知りませんでした。第一次大戦後、南米の輸入先一位はほぼ米国一色になるものの(
1928年の地図参照)、世界恐慌後は後退している様子も見て取れます。スーダンの輸入先第一位はエジプトであり、第一次大戦後に英国が一位となり、冷戦後まで長く一位の座を占めた後、2003年には再びエジプトが第一位に返り咲いています。

 ヨーロッパはドイツと英国に二分されていたのは予想通りでしたが、ドイツの輸入先一位は大戦前に既に米国となっていたとは知りませんでした。日本の輸入先一位は英国本国ではなく、インドだったのも知りませんでした。にわかに戦前日本の経済や貿易の構造分析に興味が出てきました。タイの貿易先一位は中国、インドネシアはオランダ、マレーシアはインドネシア、アンゴラはポルトガル、コンゴはベルギー、イランはロシア。
なお、一部データが空白で1912年のデータを利用した国があります(タンザニアとコンゴ)。


1928年(世界恐慌前年)
a0094433_23162916.jpg

 第一次世界大戦後に、米国が世界列強国と南米に大きく輸出を伸ばした様子が見て取れます。また、ハンガリーとユーゴスラヴィアの輸入先第一位はチェコとなっていて、戦間期のチェコが世界屈指の先進工業国だったというのもうなずける内容。北欧・東欧・ロシアの輸入先一位はドイツとなっていて、世界恐慌前のドイツ経済はかなり持ち直している印象です。20年代のドイツ経済についても詳細を調べてみたくなりました。

 米国の輸入先一位はカナダ。中国の輸入先一位は日本です。

1937年(世界大戦前)
a0094433_23164110.jpg

 真っ先に目を引かれるのは、1928年に米国一色だった南米が、英独に取り戻されている点でしょうか。ブラジルの輸入先第一位はドイツとなっていますが、ドイツは、チリ、ボリビア、エクアドルでも2位となっていて、戦後ナチスドイツの幹部が南米に亡命した背景が良く見て取れます。貿易上の密接な関係があり、パイプがあったということだったのですね。

 インドネシアとタイの輸入先一位は日本となっていて、中国の輸入先一位は米国となっています。1937年時点で、既に二次大戦中の勢力形成の下地が見て取れる内容となっています。世界恐慌後のブロック経済化の時代、輸出先一位の国の確保を強めるために軍事進出・軍事支援(米国の中国への支援など)をすることになるのは、この地図からも予測できる内容となっています。イランの輸入先一位はソ連ですし(二位はドイツ)、二次大戦中にソ連が占領することになるのも、納得できるのでした。


1970年(冷戦盛期)

 米国はすっかり復調し、中南米は米国の裏庭と化し、以前英国が輸入先一位を占め続けていたインド・オーストラリア・ニュージーランドの輸入先一位も米国となり、サウジアラビアとトルコも傘下に入っています。西欧諸国が輸入第一位を占めることができる地域は、ほぼアフリカの旧植民地に限定されています。
a0094433_18285099.jpg

 一方日本は、第二次大戦中の進出先の国々にとって輸入先一位となり、第二次大戦中の勢力圏がそのまま経済進出先となっている印象です。ドイツは、東ドイツ(ライトブルー)と西ドイツ(群青色)に分かれてしまったものの、両方併せると、第二次大戦中の勢力圏と重なって見えなくもありません。なお、西ドイツの輸入先一位はフランス(薄ピンク)。20世紀の古代イラン学では、フランスとともにドイツの存在感が高いのですが、案外貿易関係が密接という背景があってのことなのかも。エジプトの輸入先第一はソ連ですが、これは当時エジプトが社会主義政権だったことを素直に反映しているものと思います。

 1937-70年の地図を眺めていると、米独日の世界貿易でのプレゼンスは、第二次世界大戦前に成立したものではなくて(そういう先入観を持っていました)、第二次世界大戦を通じて形成され、冷戦期はソ連圏があったものの、ソ連崩壊後、1990年代から2000年初頭くらいまでは、第二次世界大戦中の国力がそのまま世界貿易上でのプレゼンスに結びついていったように思えなくもありません。しかし2011年には、リオリエントな地図となってきていることは、前回掲載した通り。

 10年後にはどうなっているのでしょうか。なんだか毎年輸入先国一位の国の地図を作るのが楽しみになってしまいそうです。
[PR]

by zae06141 | 2012-11-30 00:14 | その他歴史関係 | Comments(0)
<< 2012年衆議院選挙:中央銀行... 1993/2003/2011年... >>