古代世界の午後雑記


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
pepeino様 ..
by zae06141 at 00:27
最後は一般論として,..
by pepeino at 22:44
そこで,感謝の念を示すた..
by pepeino at 22:43
zae06141様 ..
by pepeino at 22:42
zae06141様 ..
by pepeino at 20:44
pepeino様 ..
by zae06141 at 20:28
pepeino様、 ..
by zae06141 at 00:46
ブログというものをやった..
by pepeino at 16:06
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ブログパーツ
南アフリカランド取引業者
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

youtubeにあがっている古代の言語の発音各種

 突然思いついて調べてみました。まだ見つかっていないものも、今後見つけ次第掲載したいと思います。

1.シュメール語
-未発見

2.古代エジプト語

3.古代カナン・フェニキア語
 画像の途中から文章の朗読が出てきます。

4.インド・ヨーロッパ祖語
-復元祖語で記載した短い文章は2つあるそうです。
 1)The Sheep and the Horses。youtubeに発音を復元した映像「Ancient Language Recreation Linguist Recreates Proto Indo European Language Video」が上がっています。
 2)The king and the god


5.アヴェスター語

-ヤスナ31章第8節
 アヴェスターの中でもっとも古いとされる「ガーサー」の部分。当時の発音を再現したものなのか、今に残る口伝の発音で読んでいるだけなのかはわかりませんが、なんとなく、後述のヴェーダ語に似ている気がします。
 当時の発音を再現したものであれ、今に残る口伝の発音で読んでいるだけであれ、ガーサーの言葉(ガーサー語ともいうらしい)が、現代ペルシア語といかに相違しているかは、同じ編集者がガーサーの言葉と現代ペルシア語の双方で詠んでいる映像を比較すると明確にわかります。

-ガーサー語版ヤスナ28章2節
-現代ペルシア語版ヤスナ28章2節
 説明が何も無いのですが、恐らく現代ペルシア語の発音でアヴェスター語を読んでいるのではなく、現代ペルシア語訳のアヴェスターを読んでいるのだと思います。それでも相違は明瞭です。
因みに、ヤスナ28,29,33の日本語(及び各種言語)字幕付きの映像もあります(朗読は現代ペルシア語)スプリームマスターテレビというエコ団体の放送局が製作した番組とのこと。

-こちらは、フィローズガリという現在のゾロアスター教司祭の方のヤシュト朗読。インドのパールシーの方なのではないかと推測しています。

6.ヴェーダ語

-リグ・ヴェーダ
 リグ・ヴェーダは各種ヴェーダの中でも最も古い部分だそうですが、中でも第3-5巻が最も古い部分とのことで、できればこの部分を聞いてみたかったのですが、映像ではどの巻なのかわからないのが残念です。個人的には、上述のヤスナ31章の言語になんとなく似ている(あくまで他の言語と比較してみると、という話)ような気がしました。

-サーマ・ヴェーダ
-ヤジュル・ヴェーダ
 この映像のヤジュル・ヴェーダは発音的に上のリグ・ヴェーダの映像に似ている感じですが、圧倒的にテンポが速いのが特徴的。この映像で一番面白いのが、最後に登場する映画「ベンハー」のポスターをパクった画像。
a0094433_19311758.jpg


7.ホメロスのギリシア語
-未調査

8.古代ローマ最盛期のラテン語

 カエサルやキケロの著書の単なる朗読なら直ぐ見つかるのですが、それなりに古代ラテン語っぽさを目指したものは簡単には見つかりませんでした。
-キケロのラテン語(カティリナ弾劾)
 素人の方のようですが、”ラテン語テキストの朗読”ではなく、話し言葉を目指したものとのことです。
-カエサル(未調査)

9.万葉集
-未発見

10.平安時代の日本語
朗読 源氏物語(Tale of Genji) 若紫1 平安朝日本語復元による試み
 聞いていて、なんとなく意味がわかります。金田一春彦氏の指導で俳優・声優の関弘子氏が朗読したものとのこと。タイムスリップしても、なんとか会話が通じそう。


 最後。アヴェスター語の映像を探していて、クルド労働者党(PKK・過激派テロ組織とされている)かヤズィード派のクルド人か、または中東以外のクルド人作成らしき映像を見つけました。「The language of Avesta The Kurdish language」という題名がついていて、クルド語とアヴェスター語の似ている単語を取り出して、クルド人のアイデンティティの起源をアヴェスタ時代のマギに求めるイデオロギー映像なのですが(単なるロマンでやっているだけかも知れないけど)、結構見ていて面白い映像。映像的には完全にゾロアスター教徒の末裔です。映画「プリンセス・オブ・ペルシア エステル勇戦記」のカットが登場したり、アケメネス朝のグリフォンやシャープール一世のレリーフを元にしたイラストが登場したりと、ゾロアスター教の末裔と信じているクルド人の人口がどのくらいいるのか知りませんが、古代メディア・アケメネス朝・サーサーン朝の映画を作ってくれるとしたら、現政府のイランではなくて、クルド人団体とかになったりして。
a0094433_202877.jpg

 上記映像に登場する古代イランの絵は、こちらのyoutube映像「3000 yrs Persian / Aryaian Culture 500-BC & 6th Century BC 」により大量に数十枚掲載されています。クルドの映像はこれらの画集からの引用だと思うのですが、色調が気に入ってしまいました。出版されている画集であれば、是非購入したい思っています。しかしそれにはまずタイトルを探さないとどうにもならないわけですが。。。。

 個人的にはアヴェスターのヤスナ31章第8節が気に入りました。何か作業をしている時にBGMとして聞くには、私的には波長が合っている感じです。

 あと、印欧祖語の復元音声は、どこかの誰かに是非作成して欲しいと思っています。印欧祖語復元語、アヴェスター、ヴェーダ語、ヒッタイト語、古代ペルシア語、近世ペルシア語、サンスクリット語、ヒンディー語、ゲルマン祖語、ドイツ語、古代スラブ語、ロシア語など、同じ意味の一つの短い文章を次々と各時代の言語で朗読してゆく映像とか、是非聞いてみたいと思っています。印欧祖語から枝分かれして、現代の各国語に至るまでの発音が次第に変化してゆく調子がわかるかもと期待する次第です。
[PR]

by zae06141 | 2012-05-15 00:05 | その他歴史関係 | Comments(4)
Commented by 頑固猫 at 2012-05-16 10:24 x
 ガーサーの詠唱動画なんてあったのですねえ。備忘録として私のブログにの引用しておこうかな。参考になります。
 それと春田先生ですが、私のブログを拝見していたようで、頑張ってくださいと言われてしまい恐縮してしまいました。なお私こそアルシャク朝通史を書かないと、とも言ってましたので、もしかすると・・・。期待してますと、お伝えしました。
 ちなみの蔵書はかなり処分したにもかかわらず、実家にまだ半分くらい残ってまして・・・。整理がつくのはいつになることやら。
 
Commented by zae06141 at 2012-05-17 00:20
嬉しい情報ありがとうございます。とはいえ私としては通史よりも論文集を読みたいのですが。。。。
Commented by 頑固猫 at 2012-05-18 23:29 x
確かに春田先生の論文集も出して欲しいですよね。ちなみに今年度からの先生の研究はシューシュ博物館の所蔵品の銘文解析などエリュマイス王国についてのようです。
それと以前、「ブズルグミフルの回想」の英訳を探されていたようですが
もし見つかっていなかった多分
http://www.rahamasha.net/uploads/2/3/2/8/2328777/av.pdf
の事だとだと思うので、もうご存じかもしれませんが参考までに。
Commented by zae06141 at 2012-05-19 00:59
おおおお。嬉しい!ありがとうございます!コレの為に一時はインド(1933年にボンベイで英訳が出版されているから)や米国議会図書館、大英図書館までいこうかと思ったことがあるくらいです。最近は、著作権切れなのでいづれはネットにあがるだろうと思っていて、定期的にtaraporeで検索をかけていたのですが見つかりませんでした。今、 "tarapore" " Vazurgmihr"で検索しても出て来ません。。。。お教えいただかなければ見つけられなかったかも。最近(Googleの場合)こういうケースが増えている気がしています。長年探していた映画が見つかったと思ったら、数年前の登録日だったり。お礼になるかどうかわかりませんが、私からも情報をひとつ。これもご存知かも知れませんが、大正時代に英語から重訳されたアヴェスターの全訳が著作権切れとなり、近代デジタルライブラリーに掲載されています。このサイトで「世界聖典全集」で検索すると出てきます。8、9巻がアヴェスターに該当します。私レベルだと雰囲気だけ味わえれば充分なので、暇をみて少しづつ読んでいこうと思っています。大正時代の日本語が古めかしく、全ページ写りの悪い写真なので、古文書を読むような雰囲気が味わえて良い感じです。
<< 書籍「オスマン帝国史の諸相」感想 歴史映画一覧表の月別検索数の傾向分析 >>