古代世界の午後雑記


「古代世界の午後」更新履歴と雑記
by Solaris1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセスカウンター
UU数
無料カウンター
無料カウンター
無料カウンター
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
pepeino様 ..
by zae06141 at 00:27
最後は一般論として,..
by pepeino at 22:44
そこで,感謝の念を示すた..
by pepeino at 22:43
zae06141様 ..
by pepeino at 22:42
zae06141様 ..
by pepeino at 20:44
pepeino様 ..
by zae06141 at 20:28
pepeino様、 ..
by zae06141 at 00:46
ブログというものをやった..
by pepeino at 16:06
単位が分からない
by なし at 09:15
Mellow様 こ..
by zae06141 at 22:00
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
ブログパーツ
南アフリカランド取引業者
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

卑弥呼の発音はやはりピミコ?

昨夜のNHKの日本語に関する番組「みんなでニホンGO!」では、現在の日本語の「ハヒフヘホ」は、古代では「パピプペポ」であり、平安期になって「ファフィフフェフォ」となった、との話をやっていた。根拠は、言語学者の金田一京助だったか金田一春彦氏だったかが作成した、「万葉時代の発音で読む万葉集」「平安時代の発音で読む枕草子」の録音資料や、一般に、言語は辺境地帯ほど、古音が保存されるという学説により、現在の石垣島で、標準語でのハ行音がパ行音とされる単語が多い、など。「春過ぎて」で始まる持統天皇の短歌を「パル過ぎて」、「春はあけぼの」で始まる枕草子を「ファルはあけぼの」と音読する資料は興味深いものがありました。

 そこで思い出さされるのが、唐朝に亡命したサーサーン朝の最後の王ヤズダギルドの子、ペーローズが、唐書では、「卑路斯」と記載されている件。無論唐書が書かれた時代(五代、宋)と魏志倭人伝の書かれた3世紀後半とは開きがあり、ペーローズも、近世ペルシア語ではフィールーズと音価が変化しているので、卑弥呼も、フィミコであった可能性もあります。ひとつ共通しているのは、ペーローズからフィールーズへの、P音からPh/F音への変化が、推測される万葉時代から平安期日本語の変化と共通している点。

 卑弥呼の発音はがピミコ、或いはフィミコという説は従来からあるようですが、ペーローズの発音との共通点を考えると、やはりピミコかフィミコに近く、少なくとも「ヒミコ」ではなかったのではないかと思えてきてしまいます。

 とはいえ、唐代に成立した「魏書」で、ペルシアは「波斯」と書かれ、これはファールスの音写とされているが、「ファールス」は近世ペルシア語発音で、中世ペルシア語では「パールス」。唐代に成立した「魏書」が、「Ph/F」音の「ファ」で、五代・宋代に成立した唐書の方が、Ph/Fではなく、P音を使って、ペーローズを「卑」としていたというのは矛盾することになってしまうので、このあたり、どうなのでしょうね。

なお、youtubeに、源氏物語を当時の発音で読んでいる映像があがっています(朗読 源氏物語(Tale of Genji) 若紫1 平安朝日本語復元による試み)。
[PR]

by zae06141 | 2010-04-23 23:58 | その他歴史関係 | Comments(2)
Commented by 頑固猫 at 2010-04-24 23:47 x
 その時代にどのように固有名詞が発音されていたか、興味のある所ですが、難しいのでしょうねえ。HPの記事を書くために北齊時代の皇帝や王子のトルコ名がなんであったか知りたくて色々と調べた事があったのですが、ちっとも判りませんでしたw。
 そう言えば日本のビザンツ史関係者の間で古代、中世、近世ギリシャ語と時代に合わせて発音を変えるべきだとかなんとか、意見の統一が取れず研究者間で対立し騒動になったと言う事件があったとか。
Commented by zae06141 at 2010-04-25 23:18
頑固猫さん、こんばんは。ビザンツ人の発音の件で思ったのですが、現在の英語と日本語でも不統一さが最近気になってます。例えばハドリアヌスは英語版WikiではHadrian、アリストテレスはAristotleなのに、タキトゥスはTacitusで日本じだけど、フランス語だとTacite。まあ、古代イランのHPを作成しているのにホスローなどと書いている私が何をいわんやですが(そういえば、頑固猫さんのHPではちゃんとフスラウとなってますね)。
 ところで、マーワルディー「統治の諸規則」という書籍の存在、及び邦訳の存在、更にフスラウ時代の税収の話が掲載されているなどまったく知りませんでした。ありがとうございます。
<< 秦漢-ローマ文明展 東京国立博物館・平成館の古墳時... >>